日付一覧

  • 2019/09/01 12:00:00
  • 2019/08/15 15:30:00
  • 2019/08/01 11:00:00
  • 2019/07/15 15:00:00
  • 2019/07/01 16:30:00
  • 2019/06/15 19:30:00
  • 2019/06/01 08:00:00
  • 2019/05/15 19:15:00
  • 2019/05/01 10:00:00
  • 2019/04/15 15:30:00
  • 2019/04/01 18:45:00
  • 2019/03/15 21:00:00
  • 2019/03/01 18:00:00
  • 2019/02/15 18:00:00
  • 2019/02/01 17:00:00
  • 2019/01/15 19:45:00
  • 2019/01/01 12:00:00
  • 2018/12/15 18:15:00
  • 2018/12/01 09:00:00
  • 2018/11/15 21:45:00
  • 2018/11/01 19:15:00
  • 2018/10/15 21:00:00
  • 2018/10/01 17:00:00
  • 2018/09/15 12:00:00
  • 2018/09/01 15:00:00
  • 2018/08/15 17:00:00
  • 2018/08/01 19:15:00
  • 2018/07/15 11:00:00
  • 2018/07/01 19:00:00
  • 2018/06/15 22:00:00
  • 2018/06/01 20:30:00
  • 2018/05/15 17:00:00
  • 2018/05/01 14:00:00
  • 2018/04/15 18:00:00
  • 2018/04/01 16:30:00
  • 2018/03/23 18:48:08
  • 2018/03/15 22:30:00
  • 2018/03/01 21:00:00
  • 2018/02/23 11:09:39
  • 2018/02/21 11:15:00
  • 2018/02/20 19:58:19
  • 2018/02/19 16:30:00
  • 2018/02/15 15:00:00
  • 2018/02/01 18:00:00
  • 2018/01/15 15:00:00
  • 2018/01/01 12:00:00
  • 2017/12/15 22:30:00
  • 2017/12/01 16:30:00
  • 2017/11/15 20:45:00
  • 2017/11/07 10:13:54
  • 2017/11/01 12:00:00
  • 2017/10/15 17:00:00
  • 2017/10/01 17:00:00
  • 2017/09/15 15:00:00
  • 2017/09/01 23:15:00
  • 2017/08/24 14:29:06
  • 2017/08/15 10:27:11
  • 2017/08/01 20:00:00
  • 2017/07/21 10:19:54
  • 2017/07/15 09:00:00
  • 2017/07/01 15:00:00
  • 2017/06/15 15:00:00
  • 2017/06/01 19:30:00
  • 2017/05/15 16:45:00
  • 2017/05/01 16:30:00
  • 2017/04/24 17:16:05
  • 2017/04/15 15:30:00
  • 2017/04/01 16:00:00
  • 2017/03/15 13:33:30
  • 2017/03/01 15:00:00
  • 2017/02/15 21:00:00
  • 2017/02/15 14:28:44
  • 2017/02/15 14:27:22
  • 2017/02/15 14:25:42
  • 2017/01/31 13:59:31
  • 2017/01/31 13:58:32
  • 2017/01/31 13:57:24
  • 2017/01/31 13:56:45
  • 2017/01/31 13:56:09
  • 2017/01/31 13:55:22
  • 2017/01/31 13:54:43
  • 2017/01/31 13:54:01
  • 2017/01/31 13:53:16
  • 2017/01/31 13:52:32
  • 2017/01/31 13:51:51
  • 2017/01/31 13:51:11
  • 2017/01/31 13:50:31
  • 2017/01/31 13:49:48
  • 2017/01/31 13:48:58
  • 2017/01/31 13:48:17
  • 2017/01/31 13:47:26
  • 2017/01/31 13:46:31
  • 2017/01/31 13:45:27
  • 2017/01/31 13:44:44
  • 2017/01/31 13:43:49
  • 2017/01/31 13:42:52
  • 2017/01/31 13:41:12
  • 2017/01/31 13:39:35
  • 2016/10/13 15:14:32
  • 2017/01/31 13:49:48
    • 公益社団法人日本フィランソロピー協会メールマガジン 2016-06-01

    このメールマガジンは、日本フィランソロピー協会主催のイベントにご参加頂いた
    方、および職員と名刺交換させて頂いた方にお送りしております。
    ご不要の方は、お手数ですが本アドレスにご連絡頂くか、末尾にご案内するURLに
    て、解除のお手続きをお願い申し上げます。

    ========公益社団法人日本フィランソロピー協会メールマガジン=====
                http://www.philanthropy.or.jp/
                  【毎月1日・15日発行】
    ================ 2016-06-01 ================

    集合住宅の一階にある我が家の敷地から雑草の根が伸びていると隣家から苦情があり、
    一年ぶりに草取りをすることになりました。越してきた頃には青々としていた芝生も
    今や見る影も無く、ネズミの額ほどの庭は雑草パラダイス。しかし、そんな僅かなス
    ペースを草たちは賢く棲み分けをしていることに気付きました。柵の周辺は蔓系、建
    物の陰は苔系と、絶妙なバランスで共生しています。感心しながら室内に目をやると
    テレビには内戦による空爆と難民のニュースが。「雑草でも出来ることがなんで人間
    は出来ないンだ」と、鎌を片手にひとり憤っていると、上から煙草の煙が漂ってきま
    した。上階に住むホタル族のお父さんです。彼も家族と微妙な棲み分けをしながらベ
    ランダに居場所を確保してるんだなと思い、しばし煙の行方を眺めていました。

    今週は「禁煙週間」。愛煙家の嗜好も尊重しつつ、受動喫煙の無い社会を目指して
    上手な空間の棲み分けをしていきたいものです。(加勢川佐記子)

    ■ INDEX 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

    ◆日本フィランソロピー協会からのお知らせ
    ・機関誌「フィランソロピー」No.374(2016年6月)発行
    ・CSR基礎講座2016 開催
    ・ウェブサイト「CSRJAPAN」「経営者が語る創業イノベーション」
    株式会社壱番屋 創業者/特別顧問 宗次徳二氏のインタビュー掲載
    ・募金・寄付をした個人・グループをご紹介ください
     第19回「まちかどのフィランソロピスト賞/第7回「青少年フィランソロピスト賞」

    ◆フィランソロピーニュース
    1. 楽天が、岐阜県の『楽天の森』で「森のようちえん」を開催
    2. 味の素が、東日本大震災の「被災地の声」を綴る書籍「復興ごはん」を発行
    3.マニュライフ生命、歩いて社会貢献もできるウォーキングアプリを発表
    4. 熊谷組、日本のNGOと協働でミャンマーでの学校建設プロジェクトを推進
    5. 米スタバ、環境に配慮したコーヒー豆農家支援のために社債で5億ドルを調達

    ◆各地のイベント(開催日順)
    01.【東京】「第4回子どもの貧困対策情報交換会」
    02.【東京】「教育が変える未来〜フィリピンの子どもたちから見えてきたもの〜」
    03.【東京】 第72回ISSJチャリティ映画会・バザー『エール!』
    04.【東京】「社会のお金の流れを変えるインパクト・2016―2016年に起こること、起こすこと」
    05.【東京】「女性の力で変革を 3.11から5年、忘れない・つながる・動く」
    06.【福島】「不登校体験者のお話を聞く会〜不登校と地域の中の学びの場〜」
    07.【東京】「世田谷区玉川地域子どもの貧困対策シンポジウム」
    08.【兵庫】「こどもの貧困」 オトナのあなたにできること。
    09.【東京】 東北復興月間 交流ミーティングin東京「新しい東北を創る人々」
    10.【東京】 これからの福祉人材の話をしよう。「福祉人材戦略フォーラム」

    ◆募集
    ・「緑の環境プラン大賞」、第36回「緑の都市賞」


    ======== 日本フィランソロピー協会からのお知らせ =========

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    機関誌「フィランソロピー」No.374(2016年6月)発行
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    当協会がフィランソロピーの推進をはじめてから25年がたちました。今号では『フィ
    ランソロピーの温故知新』という特集を組み、日本におけるフィランソロピーの歴史
    を振り変えると同時に、今後のフィランソロピーの在り方を考えます。
    また、4月に発生した熊本地震への対応についても取材しました。今後の災害支援や
    防災等の参考にしていただけると幸いです。<一冊1,200円(送料込)>

    お申込はこちらから↓
    http://www.philanthropy.or.jp/magazine/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    CSR基礎講座2016 開催
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    新しくCSR担当になられた方、従来からご担当であったものの改めてCSRについて
    論点を整理したい担当者の方を主な対象として、「CSR基礎講座2016」と題した
    全4回のセミナーを4月から開催しています。今月は第4回と第1回(日程変更により)
    を開催します。

    【第4回】
    ■テーマ:「CSR活動の土台となる理念の構築と社内を動かす仕組みづくり」
    ■講師:黒坂 三重 氏 (楽天株式会社 執行役員 CSR部 部長)
    ■日時:6月3日(金)16:00〜18:00 (15:30開場)

    【第1回】(開催日変更のため)
    ■テーマ:「企業におけるCSR担当者の役割と期待されること」
    ■講師:金田 晃一 氏 (コーポレート・コミュニケーションズ&パブリック
                 アフェアーズ CSRヘッド)
    ■日時:6月13日(月)16:00〜18:00 (15:30開場)

    <<各回共通>>
    参加費:会員 2,000円、一般 3,000円、学生 1,000円 (懇親会は別途実費)
    会 場:サムスン電子ジャパン株式会社 Galaxy Square レクチャールーム
    詳 細:http://www.philanthropy.or.jp/seminar/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    連載「経営者が語る創業イノベーション」
    株式会社壱番屋 創業者/特別顧問 宗次徳二氏のインタビュー掲載
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    社会課題にチャレンジしておられる企業経営者の方々に、創業の精神をうかがいなが
    ら経営者としての生きざまと思想に触れ、これからの社会における企業の使命と可能
    性について考えるインタビューシリーズを連載しています。株式会社壱番屋の創業者
    /特別顧問であり、特定非営利活動法人イエロー・エンジェル理事長の宗次徳二氏の
    インタビュー第3回を掲載しました。

    ■詳細:https://www.csr-japan.jp/archives/special/ichibanya003/
    ■掲載協力:アミタ株式会社

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    募金・寄付をした個人・グループをご紹介ください
    〜第19回「まちかどのフィランソロピスト賞/第7回「青少年フィランソロピスト賞」〜
    主催:公益社団法人日本フィランソロピー協会
    後援:文部科学省(申請中『青少年フィランソロピスト賞』)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「社会の役に立ちたい」という思いや理想を持って寄付を行なう人は少なくありませ
    ん。当協会では、さまざまな思いやエピソードを秘めた寄付を広く紹介し、日本に寄
    付の文化が育つことを願って1998年(平成10年)に本賞を創設しました。
    周囲で行われている募金・寄付の取り組みをぜひご紹介ください。

    ■締切:7月20日(水)消印有効
    ■対象:<一般部門> 社会のために私財を投じた個人またはグループ
        <青少年部門> 社会のために寄付・募金活動をした大学生までの個人または
                グループ(学校・学級・部活動単位も可)
    ■応募方法:当協会所定の推薦書用紙にご記入の上、事務局へご送付。
    ■詳細:
    第19回「まちかどのフィランソロピスト賞 http://www.philanthropy.or.jp/machikado/19/
    第7回「青少年フィランソロピスト賞」http://www.philanthropy.or.jp/youth/07/


    ============ フィランソロピーニュース ============

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    1. 楽天が、岐阜県の『楽天の森』で「森のようちえん」を開催
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    楽天株式会社は、楽天イーグルスのマスコットのモデルであるイヌワシの保護を目的
    に、2014年に「楽天の森」プロジェクトを立ち上げて、すべての生き物が暮らしやす
    い環境を整えるため、森林整備を全国で実施している。その森のひとつ美濃加茂市の
    森で先日「森のようちえん」が開催され、市内の幼・保育園児たち35人が参加して、
    里山の遊びを楽しんだ。

    楽天のCSRサイトはこちら↓
    http://corp.rakuten.co.jp/csr/activities/environment/forest/gifu/201605_activity.html

    楽天と美濃加茂市/可茂森林組合/岐阜県との間で締結された「『楽天の森』における
    森林づくり協定」のリリースはこちら↓
    http://www.pref.gifu.lg.jp/event-calendar/c_11513/rakutennnomoriH2803.data/rakutenH280313.pdf

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2. 味の素が、東日本大震災の「被災地の声」を綴る書籍「復興ごはん」を発行
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    味の素株式会社は、東日本大震災の被災地の仮設住宅の住民の方々にあたたかな「食」
    の機会をお届けする「赤いエプロンプロジェクト」を展開している。この度、そのプ
    ロジェクトを紹介する「復興ごはん」発行した。書籍の売上げの一部は、東日本大震
    災・熊本地震の被災地支援のために寄付される。

    同社のリリースはこちら↓
    http://www.ajinomoto.com/jp/presscenter/press/detail/2016_05_20.html

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    3. マニュライフ生命、歩いて社会貢献もできるウォーキングアプリを発表
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    マニュライフ生命保険株式会社は、健康増進のためにウォーキングを促す無料アプリ
    「Manulife WALK」をリリースした。同アプリは、歩数の記録や散歩コースの設定に
    加え、歩くだけで靴を寄付できる機能が付いている。寄付を希望するユーザーの歩数
    が同社が設定する目標に達すると、カンボジアの子どもたちへ靴が寄贈される仕組み。
    2016年はカンボジアの子どもたちのために2000足を用意しており、2017年以降も継続
    していく予定。

    同社のリリースはこちら↓
    http://www.manulife.co.jp/servlet/servlet.FileDownload?file=00P1000000bc9oQEAQ

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    4. 熊谷組、日本のNGOと協働でミャンマーでの学校建設プロジェクトを推進
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    株式会社熊谷組は、(認定)特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン(BAJ)
    と協働し、ミャンマーで小中学校の校舎建設に取り組む「KUMAGAI STAR PROJECT」を
    開始した。このプロジェクトでは、熊谷組が現地の教育省から建設許可を得たのち、
    BAJが学校や地域住民と連携しながら建設を進めることになっており、地元若者の雇用
    や、技能労働者の育成にも貢献できる仕組み。

    同社のリリースはこちら↓
    http://www.kumagaigumi.co.jp/press/2016/pr_160518_1.html

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    5. 米スタバ、環境に配慮したコーヒー豆農家支援のために社債で5億ドルを調達
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    米国のスターバックスは、環境に配慮したコーヒー豆農家などを支援するための資金
    5億ドル(約540億円)を社債で調達したことを発表した。同社が発行するのは、2026
    年を償還期限とする年率2.45%の社債で、同社が定めた環境配慮の基準などを満たし
    たコーヒー豆の購入、農家などへの融資に充てられる予定で、同社のサプライチェー
    ンの充実と社会貢献の二つを目的としている。

    日本経済新聞の記事サイトはこちら↓
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ17H3A_X10C16A5000000/


    ============ 各地のイベント(開催日順)============

    ■01.開催地:東京都千代田区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    第4回子どもの貧困対策情報交換会
    主催:「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワーク
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    同ネットワークでは、政府・自治体、各地域で「子どもの貧困」に取り組むための意
    見交換の場として、昨年から情報交換会を開催している。今回は、「新たな子ども家
    庭福祉のあり方に関する専門委員会」の委員と、保育所の現場から報告を聞き、皆で
    貧困対策としての子ども家庭福祉のあり方を考える。

    ・日時: 6月4日(土)13:00〜16:30
    ・会場: 東京しごとセンター 地下2階講堂
    ・参加費:500円(資料代として。学生無料)
    ・詳細:http://end-childpoverty.jp/archives/category/info

    ■02.開催地:東京都文京区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「教育が変える未来〜フィリピンの子どもたちから見えてきたもの〜」
    主催:特定非営利活動法人ソルト・パヤタス
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    同NPOでは、「学力の経済学」の著者である中室牧子准教授ら経済学者と連携し、フィ
    リピンの貧困地域での教育支援を計画している。今回のイベントでは、フィリピンの
    貧困問題と教育支援についての講演と、現地調査を担当した経済学者から報告を聞き、
    どのように子どもたちに目標や夢を持たせ、それに向けて挑戦する土台となる「ライ
    フスキル(課題や困難を乗り越える力)」を養うことができるのかを考える。

    ・日時: 6月4日(土)13:30〜16:30
    ・会場: 東京大学大学院 経済学研究科 学術交流棟「小島ホール」
    ・参加費:一般・事前クレジット決済2500円/当日支払い=3000円、学生・無料
    ・詳細: http://www.saltpayatas.com/

    ■03.開催地:東京都千代田区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    第72回ISSJチャリティ映画会・バザー『エール!』
    主催:社会福祉法人日本国際社会事業団
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    聴覚障害を持つ家族の中で生まれ育った少女が、歌手になる夢を家族に理解してもら
    おうと奮闘する姿を描いたフランスのヒューマンドラマ。国を越えて家族や子どもの
    福祉に取り組む日本国際社会事業団が年2回開催しているチャリティ映画会。

    ・日時: 6月4日(土)上映開始時間 (1)11:00 (2)14:30 (3)17:30
        ※チャリティーバザー同時開催(10:00〜17:30)
    ・会場: 一ツ橋ホール(日本教育会館3階)
    ・参加費:1,200円(全席自由・前売制)
    ・詳細: http://www.issj.org/info/1754

    ■04.開催地:東京都港区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「社会のお金の流れを変えるインパクト・2016―2016年に起こること、起こすこと」
    主催:特定非営利活動法人日本ファンドレイジング協会
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    『2020年「善意の資金循環」10兆円時代の実現』を目指して活動する同団体が、通常
    総会のあとに、だれでも参加できるトークセッションを開催。「社会のお金の流れを
    変えるインパクト」をテーマに、多様な分野からゲストを迎えて、「2016年に起こる
    こと、起こすこと」について参加者と共に議論する。

    ・日時: 6月8日(水)19:15〜20:30 (18:00より同団体の通常総会※会員のみ)
    ・会場: 日本財団ビル 2階 大会議室
    ・参加費:無料
    ・詳細:http://jfra.jp/event/12263

    ■05.開催地:東京都港区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「女性の力で変革を 3.11から5年、忘れない・つながる・動く」
    主催:男女共同参画と災害・復興ネットワーク/公益財団法人日本女性学習財団
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    災害に強い社会づくりのためには、災害への備え・発災後の対応・復興の全ての段階
    で、女性と多様な立場の参画が不可欠である。この基本的な考え方を実効性のあるも
    のにするために、東日本大震災での活動成果を検証し、今後の地域社会づくりを考え
    るためのシンポジウム。基調講演には堂本暁子氏が登壇。

    ・日時: 6月11日(土)13:30〜16:30
    ・会場: 港区立男女平等参画センター(リーブラ)
    ・参加費:1000円(資料代として)
    ・詳細: http://jwndrr.org/allnews/event/1244/

    ■06.開催地:福島県福島市 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「不登校体験者のお話を聞く会〜不登校と地域の中の学びの場〜」
    主催:NPO法人ビーンズふくしま
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    福島で、フリースクールや不登校や引きこもりの子ども・若者の相談室、学習・就労
    支援を行なうNPOが、当事者である不登校体験者と保護者による座談会を開催。
    フリースクールビーンズふくしまの紹介動画なども上映する予定。

    ・日時: 6月19日(日)10:00〜12:00
    ・会場: 福島市民会館 第2ホール
    ・参加費:無料
    ・詳細:http://fhc.beans-fukushima.or.jp/info/2016-06-19_futoukoutaiken/

    ■07.開催地:東京都世田谷区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「世田谷区玉川地域子どもの貧困対策シンポジウム」
    主催:世田谷区 
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワークの代表・湯澤直美立教大学教授と、世
    田谷区で実際に子どもの支援活動を行なっているパネリストが、子どもの最善の利益
    を確保するために、できること、すべきことを話し合うシンポジウム。

    ・日時: 6月20日(月)19:00〜21:00
    ・会場: 玉川区民会館ホール
    ・参加費:無料
    ・詳細: http://kodomowakamonoouendan.jimdo.com/世田谷区玉川地域子どもの貧困対策シンポジウム/

    ■08.開催地:兵庫県尼崎市 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「こどもの貧困」 オトナのあなたにできること。
    主催:尼崎市立地域総合センター神崎
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    こども食堂や学習支援など、子どもの貧困問題に対して取組みを始めた尼崎市が、滋
    賀県社会福祉協議会から講師を招き、特別養護老人ホームなどの福祉施設を活用した
    「夜のこどもの居場所づくり」や、地域と社協がいっしょになって行うこども食堂の
    取り組みなど、滋賀県での先進事例を学ぶ講座を一般市民向けに開催。

    ・日時: 6月22日(水)14:00〜15:30
    ・会場: 小田支所3階コミュニティホール
    ・参加費:無料
    ・詳細: http://amakko.net/material/33/doc/0622tirasi412.pdf

    ■09.開催地:東京都千代田区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    東北復興月間 交流ミーティングin東京「新しい東北を創る人々」
    主催:復興庁
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    東日本大震災から5年。復興の中で生まれてきた「新たな挑戦」に取り組む方々に焦点
    をあて復興の現状や被災地の「今」を伝える。「若者」DAY、「女性活躍」DAY、
    「アート」DAY、マルシェ、などの企画もあり。

    ・日時: 6月11日(土)〜28日(火)
    ・会場: アーツ千代田3331
    ・参加費:無料
    ・詳細: http://www.newtohoku.org/works_pr_02

    ■10.開催地:東京都港区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    これからの福祉人材の話をしよう。「福祉人材戦略フォーラム」
    主催:一般社団法人FACE to FUKUSHI
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    これからますます多様化・複雑化する社会課題に向けて、福祉の担い手に求められる
    役割も変化している。これからの福祉人材をどう集め、育てるかを考えるうえで、
    必要となる知識・視点を得るための全国版フォーラム。

    ・日時: 7月2日(土)11:30〜17:30
    ・会場: ベルサール泉ガーデンギャラリー
    ・参加費:2,000円(学生無料。懇親会は別途4,000円)
    ・詳細: http://f2f.or.jp/forum201607/


    ================  募 集  ===============

    ■助成━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「緑の環境プラン大賞」、第36回「緑の都市賞」募集中
    主催:第一生命保険株式会社
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    第一生命では、環境保全活動の一環として、公益財団法人都市緑化機構と共同し、
    「緑の環境プラン大賞」で緑化プランの助成、「緑の都市賞」で緑化の実績の顕彰を
    行なっている。「緑の環境プラン大賞」は新たに2部門制とし、シンボルガーデン部
    門では都市環境の再生・保全に貢献するプラン(上限1,000万円)、ポケットガーデン
    部門ではコミュニティの憩いの場を創造するプラン(上限100万円)を助成する。

    ・締切:6月30日(木)当日消印有効
    ・詳細:http://www.dai-ichi-life.co.jp/dsr/society/green_city.html


    ============================================================================
    ◆バックナンバーはこちらから◆
    https://g.blayn.jp/bm/p/bn/list.php?i=philanthropy&no=all
    ============================================================================
    配信中止・アドレス変更は、こちらからお願いいたします。
    https://g.blayn.jp/sm/p/f/tf.php?id=philanthropy
    ============================================================================
    公益社団法人 日本フィランソロピー協会
    〒100-0004東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル244区
    TEL: 03-5205-7580 FAX: 03-5205-7585
    URL: http://www.philanthropy.or.jp
    ============================================================================