2017/12/01 16:30:00
  • 公益社団法人日本フィランソロピー協会メールマガジン 2017-12-01

このメールマガジンは日本フィランソロピー協会のイベントにご参加頂いた方、
および職員と名刺交換させて頂いた方にお送りしております。ご不要の方は、
お手数ですが本アドレスにご連絡頂くか、末尾にご案内するURLにて、解除
のお手続きをお願い申し上げます。

=====公益社団法人日本フィランソロピー協会メールマガジン=====
http://www.philanthropy.or.jp/
【毎月1日・15日発行】
=================================
先日、医師でエンドオブライフケアの専門家である小澤竹俊先生の記事を読みました。
先生は診療の傍ら、死を迎える方に向き合い支えることができる人材を育てておられます。
印象に残ったのは「なぜ(死を迎える方が)苦しみを抱えながら心が折れずに、逃げずに
いられるかといえば、誰かに支えられていると実感し、自らを委ねることができるからです。
だから、自分ではどうにもならない問題を前にしても穏やかでいられるのです」という言葉。
どんな厳しい現実があっても、誰か自分のことを大切に思ってくれる人がいて、その人を
信頼できる状態にあること、というのが、どんな状況下においても人の心のレジリエンス
を支え高める基盤なのではないかと感じました。

12月、当協会では、映画鑑賞と対談の会を開催します。今回は、週末里親の女性と
少年との心のつながりを描くヨーロッパ映画の名作「少年と自転車」を鑑賞します。
その後、里親として32年間で17人の子どもと暮らし、著書がテレビドラマ化される
など社会的にも大きな影響を与えた坂本洋子氏を迎えて対談を行います。
虐待や家庭崩壊などの理由により、実親と暮らせない子どもたちは日本全国で約4万
6千人。どんな境遇に生まれた子どもに対しても、親でなくとも彼らを支え寄り添う
ことができないか。「里親」というテーマのもと、優しい心の交流を描く映画を楽しんで
いただくと共に、子どもたちを擁護する新しい可能性に触れていただければ幸いです。
多くの方のご参加をお待ちしております。

また、冬の季節は大切な方にお歳暮やクリスマスギフトなどの贈り物をしたり、
家族や友人と集う機会が増えるかと思います。そんな折、社会貢献の気持ちをのせた
ギフトを贈ったり、ソーシャルなエピソードのあるお菓子を一緒に楽しんだら、
より一層、温かい気持ちになるのではないでしょうか。メールマガジンの末尾には、
そんな商品を集めてみました。ご参考になれば幸いです。 (落合敦子)


■ INDEX 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆日本フィランソロピー協会からのお知らせ
1. 第27回 フィランソロピーセミナー 〜大阪編〜
 「企業とNGOの協働−課題を共視するパートナーシップの在り方」
2. 第20回 まちかどのフィランソロピスト賞 贈呈式
3. 第338回 定例セミナー特別企画
 「『少年と自転車』映画鑑賞と対談〜里親について考える夕べ〜」
4.「アメリカン・エキスプレス・リーダーシップ・アカデミー2018」研修生募集中
5. 第二回「寄付川柳」募集開始
6. 機関誌2017年12月号(第383号)を発行

◆フィランソロピーニュース
1. 積水ハウス株式会社 Green Solution Awards 2017で表彰、世界2位
2. 沖電気工業株式会社 全国の特別支援学校の合同遠隔社会見学をIoT技術で支援
3.キリン株式会社 熊本県産牛肉消費拡大推進協議会に支援金を助成
4.JXTGエネルギー 「ENEOSカード」による緑化推進のための寄付を実施
5.住友金属鉱山株式会社 フィリピンNPOのカイビガンへの支援寄付を実施
6. 損保ジャパン日本興亜 SAVE JAPANプロジェクトの取り組みが表彰
7.平成29年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰が発表

◆各地のイベント(開催日順)
1.【千葉】「NEC盲導犬キャラバン」特別イベント
2.【東京】教育応援グランプリ 表彰式&フォーラム
3.【東京】第1回 チャンピオン・オブ・チェンジ日本大賞表彰
4.【東京】東日本大震災 復興支援のためのチャリティコンサート
5.【東京】「ママの働きたい!」「働き続けたい!」を叶えるマザーリング・フォーラム
6.【大阪、福岡、東京】障害者自立支援機器「シーズ・ニーズマッチング交流会2017」
7.【大阪】第17回「Child Issue Seminar」
「赤ちゃんポスト」から考える10代を取り巻く現状

◆募集
1.キユーピーみらいたまご財団
「食育活動」「食を通じた居場所づくり支援」助成募集
2.アフラック 高校生向け奨学金制度 2018年度新規奨学生募集

◆特集 冬のソーシャルギフトやお菓子のご紹介

======= 日本フィランソロピー協会からのお知らせ =======
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 第27回 フィランソロピーセミナー 〜大阪編〜
「企業とNGOの協働−課題を共視するパートナーシップの在り方」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回のセミナーでは、数多くの企業との協働事例を持つ京都の国際NGOテラ・
ルネッサンスの創設者である鬼丸さんをお招きし、企業とNGOのような異なる
セクター間の認識のズレが生じている事実を再認識したうえで、課題に共に目を
向け(共視)、解決のために自分たちのリソースをお互いに出し合うためにどう
したらよいかを、皆様と考えたいと思います。

・日時 :2017年12月7日(木)15:00〜17:00
・会場 :マルホ株式会社本社 8階 第1・第2会議室
     https://www.maruho.co.jp/aboutus/corporate/map_company01.html
・講師 :鬼丸 昌也(おにまる・まさや)氏
    (特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス 理事・創設者)
・参加費:当協会会員 2,000円 / 一般 3,000円 / 学生 1,000円
・詳細・申込:http://www.philanthropy.or.jp/seminar/027/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2. 第20回 まちかどのフィランソロピスト賞 贈呈式
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社会のために寄付した方を顕彰する「まちかどのフィランソロピスト賞」の
受賞者が決定しました。

一般部門   http://www.philanthropy.or.jp/machikado/20/
青少年部門  http://www.philanthropy.or.jp/youth/08/

今年度は本賞創設20周年。贈呈式では記念イベントとして宗次徳二(むねつぐ・
とくじ)氏(CoCo壱番屋創業者・特別顧問)など、歴代受賞者を迎えてのパネル
ディスカッションを行ない、これまでを総括しながら寄付文化の醸成に向けて、
新たなページを開くものにしたいと考えております。どなたでもご参加いただけ
ますので、受賞者の皆様の魅力や、よりよい社会づくりのための寄付の可能性に
ふれていただければ幸いです。

・日時 :2017年12月12日(火)13:30〜18:00(懇親会含む)
・会場 :学士会館 2階 210号室
     https://www.gakushikaikan.co.jp/access/
・参加費:1,000円/懇親会費:2,000円
・詳細・申込:http://www.philanthropy.or.jp/machikado/20/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3. 第338回 定例セミナー特別企画
「『少年と自転車』映画鑑賞と対談〜里親について考える夕べ〜」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回のセミナーでは、ベルギーを代表する映画監督ダルデンヌ兄弟が、2003年に
日本で開催されたシンポジウムで耳にした育児放棄の実話から着想を得て製作した、
週末里親の女性と少年との心のつながりを描くヒューマンドラマ「少年と自転車」を
鑑賞します。その後、28歳の時に里親登録し、32年間で17人の子どもと暮らして
きた坂本洋子氏をお迎えして対談を行います。

・日時 :2017年12月19日(火)18:45〜21:30
・会場 :渋谷董友ビル(キユーピー本社ビル) 2階大会議室(ホール)
     https://www.kewpie.co.jp/company/corp/ichiran/info_06_map00.html
・登壇者:坂本 洋子(さかもと・ようこ)氏 
  (「里親ひろば ほいっぷ」グループ代表)
・参加費:2,000円
・詳細・申込:http://www.philanthropy.or.jp/seminar/338/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.「アメリカン・エキスプレス・リーダーシップ・アカデミー2018」
 〜NPOの次世代リーダー育成プログラム〜  <研修生募集中>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本フィランソロピー協会とアメリカン・エキスプレス財団(米国ニューヨーク市)
とが共催する、NPOの次世代リーダーのためのリーダーシップ研修(2泊3日)
です。3日間の研修では、総合監修である米倉誠一郎先生をはじめ、ビジネスの第一線
で活躍する方々を講師に迎え、社会変革を担うリーダーとしての心構えや実践スキル
について指導をいただきます。

・期間 :2018年2月15日(木)〜17日(土)2泊3日
・会場 :都市センターホテル
     https://www.rihga.co.jp/toshicenter/access
・対象 :非営利団体の職員(代表理事は除く)で、将来の組織運営を担う次世代リーダー
(これまでの本アカデミー参加団体は除く)
・参加費:無料(会場までの交通費はご負担ください)
・詳細・申込:http://www.philanthropy.or.jp/amex/2018/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5. 第二回「寄付川柳」募集開始
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「寄付」は、温もりと活力ある社会づくりに欠かせない大切なお金。そんな
「寄付」にまつわる川柳を募集します。応募の際の参加費は、当協会の被災地
支援事業「チャリティー・リレーマラソン」の2018年度プログラムにおける
参加中学生のスタディーツアー費などに活用させていただきます。やさしさと
ユーモアにあふれる一句をお待ちしております。

・募集期間: 2018年1月15日(月)まで
・募集: 「寄付」「募金」にまつわる川柳で自作未発表の作品
・参加費: 1,000円につき2句まで応募可能。18歳以下の方は参加費無料
・賞: 最優秀賞(1作品)、優秀賞(2作品)、佳作(若干数)
・詳細・応募方法:http://www.philanthropy.or.jp/kifusenryu/02/
・チャリティー・リレーマラソンの実施内容(2017年度):
http://www.philanthropy.or.jp/marathon/tokyo2017/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6. 機関誌2017年12月号(第383号)を発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
機関誌12月号を発行しました。「まちかどのフィランソロピスト賞」20周年を
記念し、”社会を照らす「まちかどのフィランソロピストたち」”と題して特集。
第20回「まちかどのフィランソロピスト賞」受賞者との巻頭座談会や、同賞の
選考委員長の国立民族学博物館教授の出口正之氏の特別寄稿を掲載しています。

今号の表紙は「だいすき」という可愛らしい作品。当協会が名刺を通じた社会貢献
として行っているフィランソロピー名刺のデザインにもぜひお使いください。

・機関誌の詳細および購読申込:http://www.philanthropy.or.jp/magazine/
・フィランソロピー名刺:http://www.philanthropy.or.jp/meishi/

========== フィランソロピーニュース ==========
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.積水ハウス株式会社
Green Solution Awards 2017 Sustainability City Grand Prize において世界2位
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
積水ハウス株式会社は、気候変動対策に関するグローバルな顕彰制度であるGreen
Solution Awards 2017において、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス「グリーン
ファーストゼロ」の取り組みが評価され世界2位にランクインしました。ドイツ・
ボンで開催されているCOP23に合わせて開催されたもので、日本企業での受賞は
初めてです。

リリースはこちら↓
http://www.sekisuihouse.co.jp/company/topics/datail/__icsFiles/afieldfile/2017/11/17/20171117.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.沖電気工業株式会社/株式会社沖ワークウェル
全国の特別支援学校7校8教室をつなぎ北海道から生中継
合同遠隔社会見学をIoT技術でサポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
OKIグループの特例子会社であるOKIワークウェルは、社会貢献活動として、
全国の特別支援学校7校8教室の合同遠隔社会見学にIoT技術による「遠隔授業
ソリューション」を提供し、60名の肢体不自由のある児童生徒を対象とした授業の
実施を支援しました。

リリースはこちら↓
http://www.oki.com/jp/press/2017/11/z17068.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.キリン株式会社「復興応援 キリン絆プロジェクト」熊本支援
熊本県産牛肉消費拡大推進協議会に支援金を助成
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
キリン株式会社は、“絆を育む”をテーマに、「食産業復興支援」「地域の活性化支援」
「心と身体の元気サポート」という3つの幹で地域に寄り添い、熊本県の復興から
未来へつながる活動の支援を推進しています。このたび、畜産関係諸団体の相互協調
により、熊本県産牛肉の流通・消費拡大を図り、熊本県の畜産業の安定的発展に寄与
することを目的とした熊本県産牛肉消費拡大推進協議会への支援を決定しました。

リリースはこちら↓
http://www.kirin.co.jp/company/news/2017/1124_01.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.JXTGエネルギー株式会社
「ENEOSカード」による緑化推進のための寄付を実施
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
同社では2001年より「ENEOSカード」会員が同カードでENEOSサービス
ステーションで利用した金額の0.01%を公益社団法人国土緑化推進機構に寄付。
2017年度上期分として約1900万円を贈呈。今回の贈呈で寄付金累計は約4億
5千万円となり、植林作業、青少年による緑化活動、熱帯林の再生および砂漠化
防止など、同機構が実施する様々な環境支援活動の資金に充てられています。

リリースはこちら↓
http://www.noe.jxtg-group.co.jp/newsrelease_jxtg/2017/20171130_01_1090046.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.住友金属鉱山株式会社
フィリピンNPOのカイビガンへの支援寄付を実施
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当社ではフィリピンにおける事業活動の開始を契機に、2012年より寄付を実施
しており、今回、マニラを中心としたフィリピンにおける青少年の就学支援や
生活支援、教育など様々な活動を行っているNPO Kaibigan Ermita Outreach
Foundation, Incの活動を支援すべく110万フィリピンペソの寄付を実施。

リリースはこちら↓
http://www.smm.co.jp/news/release/2017/11/post-1427.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6.損保ジャパン日本興亜株式会社
SAVE JAPANプロジェクトの取り組みが社会づくり活動表彰で受賞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
全国のNPOとの協働を通じて取り組むSAVE JAPANプロジェクトが評価され
平成29年度持続可能な社会づくり活動表彰で「公益社団法人環境生活文化機構
会長賞」を受賞しました。

リリースはこちら↓
http://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/topics/2017/20171120_1.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7.平成29年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰が発表
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
環境省では、地球温暖化防止月間である12月に、地球温暖化防止に顕著な功績の
あった個人や団体に対し表彰を行っています。平成29年度の受賞者が決定。
富士通株式会社、積水ハウス株式会社、株式会社リコー(環境事業開発センター)
トヨタ自動車株式会社(プラント環境生技部)ほか受賞。

リリースはこちら↓
http://www.env.go.jp/press/104783.html

===========各地のイベント(開催日順)===========
■1. 開催地:千葉県 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「NEC盲導犬キャラバン」特別イベント
主催: 公益財団法人 日本盲導犬協会
共催: 千葉市子ども交流館、NEC
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「NEC盲導犬キャラバン」は、視覚障がいのある方に優しい社会環境づくりを
目的に、2006年より、公益財団法人日本盲導犬協会とNECとが協働して行って
いるプログラムです。盲導犬の役割や仕事、視覚障がいについての説明や、盲導犬
との歩行体験を取り入れた出前授業を行っており近日では千葉で開催されます。

・日時: 2017年12月3日(日) 13:30〜15:30 (13:00受付開始)
・会場: 千葉市子ども交流館
・対象: 5歳〜小学校6年生とその保護者、または中学生(単身での参加可)
・参加費: 無料

「NEC盲導犬キャラバン」の概要はこちら↓
http://jpn.nec.com/community/ja/diversity/guide-dog.html

イベントの詳細はこちら↓
http://kodomo-koryukan.jp/data8126/wp-content/uploads/2017/11/2017.12.03.NEC-Guide-dog-caravan.jpg

■2. 開催地:東京都港区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
教育応援グランプリ表彰式&フォーラム
主催: 株式会社リバネス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時代の変化に応じて教育を変えていくには、グローバルな視点や課題発見力など、
新たなスキルや姿勢の醸成が必要不可欠で、そのためには、学校、行政、企業、
NPOなどが従来の枠にとらわれない連携をすることが必要です。先進的な取組を
進める方々が一堂に集い、交流する場を設けました。

・日時: 2017年12月3日(日)13:00〜17:30(予定)
・スケジュール:
第1部:教育応援グランプリ2017表彰式・企業の活動紹介 ほか
第2部:パネルディスカッション「社会課題にチャレンジする次世代を育てていくには」
・会場: TEPIA先端技術館 4階 TEPIAホール、会議室
(東京都港区北青山2-8-44)
・対 象: 企業、財団、大学研究者、自治体、学校、NPO、ベンチャー企業 等
・定 員: 100名
・参加費: 無料
・詳細・申込: http://go.lne.st/e/66312/grandprix-/bsrsn2/320122641

■3. 開催地:東京都渋谷区━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1回 チャンピオン・オブ・チェンジ日本大賞表彰
共催: フィッシュ・ファミリー財団、公益財団法人パブリックリソース財団
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
チャンピオン・オブ・チェンジ日本大賞は、超高齢社会、大災害、子どもの貧困、
地域社会の疲弊など様々な課題に対して自ら行動を起こし、地道に活動を続け、
課題の解決や新たなシステムの構築に取り組んできた女性たちを顕彰します。

・日時: 2017年12月4日(月)18:00〜20:00(17:30 受付開始)
・スケジュール: 表彰式 18:00〜19:00、交流会 19:00〜20:00
・会場: 100BANCH 3F:LOFT
(東京都 渋谷区渋谷3丁目27番1号)
・参加: 無料
・詳細: https://www.facebook.com/events/239991166534493/
・申込:https://goo.gl/forms/ovDWlKebo9xrCQJG2

■4. 開催地:東京都新宿区━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
難民を助ける会 東日本大震災 復興支援のためのチャリティコンサート
主催:特定非営利活動法人 難民を助ける会(AAR Japan)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
AAR Japanが開催する、102回目となるチャリティコンサート。まだまだ支援の
必要な東日本復興のために使われます。今回はフランスからの特別ゲストとして、
トランペットとパイプオルガンの奏者を招きます。

・日時: 2017年12月14日(木)19:00〜開演 (18:30開場)
・会場: 東京オペラシティコンサートホール
(東京都新宿区西新宿3-20-2)
・参加費: S席 6000円/A席 5000円/子ども 1000円
・詳細・申込: http://www.aarjapan.gr.jp/join/event/2017/1214_2378.html

■5. 開催地:東京都新宿区━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ママの働きたい!」「働き続けたい!」を叶える マザーリング・フォーラム
主催:特定非営利活動法人 ファザーリング・ジャパン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
働きたいと思っているママ、働いているけどちょっと辛いと思っているママ。
パートナーと一緒に「自分らしく働くこと」について考えてみませんか?
NPO法人ファザーリング・ジャパン(以下FJ)代表の安藤哲也氏の講演のほか、
FJマザーリング・プロジェクトの3講師が投票システムを利用しながら、
ワンポイント講座でお届けします。

・日時:2017年12月17日(日)10:30〜12:00 (10:20開場)
・会場:レンタルキッチンスペース パティア 市ヶ谷店
    (東京都新宿区市谷田町2-7-201)
・講師:安藤哲也氏(FJ代表理事)、高祖常子氏(FJ理事)、
林田香織氏(FJ理事)、新田香織(FJ会員)
・参加費:無料
・詳細・申込:www.kokuchpro.com/event/87aa7331f34a35da45c1f09e0dcbfbcb/

■6. 開催地:大阪府、福岡県、東京都━━━━━━━━━━━━━━━━
障害者自立支援機器「シーズ・ニーズマッチング交流会2017」
主催:公益財団法人 テクノエイド協会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
障がい者と企業・研究者、研究開発支援機関等が一堂に会し、作る人と使う人の
交流を進め、良質な機器の研究開発および実用化を促進します。

【大阪開催】
・日時: 2017年12月19日(火)〜20日(水) 10:00〜16:00
・会場: 大阪マーチャンダイズマート
・特別企画: 「就労場面における自立支援機器を考えるシンポジウム」 

【福岡開催】
・日時: 2018年1月16日(火)〜17日(水) 10:00〜16:00
・場所: FFB HALL 福岡ファッションビル
・特別企画: 「就労場面における自立支援機器を考えるシンポジウム」

【東京開催】
・日時: 2018年2月20日(火)〜21日(水) 10:00〜16:00
・場所: TOC有明コンベンションホール
・特別企画: 「障がい者自立支援機器等開発促進事業 成果報告会」

【各回共通】
・参加費: 無料
・詳細・申込: http://www.techno-aids.or.jp/needsmatch/index.shtml

■7. 開催地:大阪府大阪市━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第17回「Child Issue Seminar」
「赤ちゃんポスト」から考える10代を取り巻く現状〜そして私たちにできること〜
主催:特定非営利活動法人 3keys
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
基調講演では「こうのとりのゆりかご」の開設時から2015年3月の退職まで
中心的にかかわってきた元看護部長の田尻由貴子さんをお迎えし、「妊娠」を
テーマに取り上げ、10代に向けて私たちに何ができるのか?を考えます。

・日時: 2017年12月21日(木) 14:30〜17:00 (14:00受付開始)
・会場:積水ハウス株式会社
(大阪府大阪市北区大淀中1-1-88 梅田スカイビルタワーイースト9F)
・参加費: 無料
・詳細:http://3keys.jp/cis17/


==============募集=================
■募集1.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018年度助成募集 「食育活動」および「食を通じた居場所づくり支援」
主催:キユーピーみらいたまご財団
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
キユーピーみらいたまご財団は、食にまつわる様々な社会課題を解決するために、
食育の推進などの社会貢献活動を支援しています。「食育活動」および「食を通じた
居場所づくり支援」の2つのプログラムで、2018年度の助成先を募集中です。

・募集内容: 
<助成プログラムA「食育活動」>
・対象:日本国内の食育活動を行う公益的な団体
・助成金使用対象期間:2018年4月1日〜2019年3月31日
・助成金額:100万円(1件当たりの上限) 助成総額700万円

<助成プログラムB「食を通じた居場所づくり支援」>
・対象:地域における共食や食周りの様々な体験を通した子どもの心と身体の成長
そして自立の支援を行うため、子ども食堂などの食を通した居場所づくりを行う
日本国内の公益的な団体
・助成金使用対象期間:2018年4月1日〜2019年3月31日
・助成金額: 70万円(1件当たりの上限) 助成総額500万円
・事務局運営については「一般社団法人全国食支援活動協力会※」と協働

・締切: 2017年12月8日(必着)
・詳細: http://www.kewpiemiraitamagozaidan.or.jp/support/index.html

■募集2.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
高校生向け奨学金制度 2018年度新規奨学生 募集
主催:アフラック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アフラックは、がん遺児、および、小児がん経験者の高校生を対象とした奨学金制度
を社会貢献活動の一環として運営しています。2018年度の奨学生を募集します。本制度
による奨学生の総数は2501名にのぼり、給付額は類型で15億円を越えています。

・募集期間: 2017年11月1日(水)〜2018年2月28日(水)
・対象者: がんで親(主たる生計維持者)を亡くし経済的理由から就学や進学の機会が
狭められている高校生、および、小児がんを患った経験を持つ高校生
・詳細: http://www.aflac.co.jp/news_pdf/20171027.pdf


=============特集=================
冬の季節にぴったりな、ソーシャルギフトやお菓子のご紹介です。

【焼菓子・チョコレート・ワインなど】

社会福祉法人 花水木の会 「かすたねっと」
知的障がい者を「パティシエ」に育てることを目指してA型事業所として頑張っています。
2001年には、「練馬の名品21」にも選出。
https://casta.jp/shop/

社会福祉法人 共生シンフォニー 「がんばカンパニー」
障がい者雇用を進めるだけでなく、フェアトレードの材料を使っているお菓子工房です。
http://gamba.shop/

株式会社スワン 「スワンベーカリー」
ノーマライゼーションの理念を実現させるために故・小倉昌男氏が設立。障がい者雇用の場をつくり、
自立と社会参加を応援するベーカリーショップ。
http://www.swanbakery.co.jp/

特定非営利活動法人NPOぱれっと「おかし屋 ぱれっと」
知的障がい者を対象に、余暇活動支援や就労支援、生活支援などを行なっています。
クッキー・ケーキづくりで社会参加と自立を目指しています。
http://www.palette-ss.net/

特定非営利活動法人しんせい「魔法のおかし ぽるぽろん」
福島県の13の福祉作業所が連携して創る、魔法のお菓子です。
https://www.shinsei28.org/monodzukuri/

一般社団法人ラバルカグループ
全国の福祉作業所が力を合わせて、障がい者がショコラティエとして作る本格
チョコレート「久遠チョコレート」。デパートなどでも販売されています。
http://quon-choco.com/home/

Dari K株式会社
「カカオを通して世界を変える」をテーマに、インドネシアの農業者と共に作る高級チョコレート。
http://www.dari-k.com/

有限会社ココ・ファーム・ワイナリー
知的障がいを持った人たちをはじめ、みんながいきいきと力を発揮できるようにつくられた会社です。
http://cocowine.com/


【ギフト】

特定非営利活動法人タイガーマスク基金
児童養護施設等で暮らす、子どもたちを支援する団体です。ギフトを贈って施設の子どもたちの自立を
支援する、寄付つきギフトが3種類あります。
http://www.tigermask-fund.jp/

特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス
ウガンダを含む6か国で地雷・小型武器・子ども兵・平和教育に取り組むNPOがご紹介するウガンダの
農家さんたちが丹精込めて育てたコーヒーギフトセットです。
http://www.terra-r.jp/news/oshirase/wintergift2017.html

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会「クラフトエイド」
アジアで子どもたちの教育文化支援や緊急救助活動を行うNGOがご紹介する、アジアの少数民族や
長い戦争で傷ついた人々などが作る衣料・小物雑貨・アクセサリーなどのフェアトレード商品です。
http://craftaid.jp/

一般社団法人わかちあいプロジェクト「Fair Select」
人種、宗教にかかわらず、人間としての必要条件と尊厳が失われている人々を支援することを目指す団体です。
日本最多の国際フェアトレード認証商品を扱うショップも運営。
http://www.fairselect.jp/?mode=grp&gid=1043558

Yahoo 東北エールマーケット
東北復興を買って応援するプロジェクト。
https://yellmarket.yahoo.co.jp/tohoku/concept/

「100%熊本百貨店」
熊本復興を買って応援するマーケットです。
http://www.tsuruya-dept.co.jp/shop/pages/kumamoto.aspx

=======================================================
◆バックナンバーはこちらから◆
https://secure.philanthropy.or.jp/mm/backnumber.cgi
=======================================================
◆配信中止・アドレス変更◆
アドレス変更
https://secure.philanthropy.or.jp/mm/regist.html
配信中止
{DELURL}
=======================================================
公益社団法人 日本フィランソロピー協会
〒100-0004東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル244区
TEL: 03-5205-7580 FAX: 03-5205-7585
URL: http://www.philanthropy.or.jp
=======================================================