日付一覧

  • 2019/08/01 11:00:00
  • 2019/07/15 15:00:00
  • 2019/07/01 16:30:00
  • 2019/06/15 19:30:00
  • 2019/06/01 08:00:00
  • 2019/05/15 19:15:00
  • 2019/05/01 10:00:00
  • 2019/04/15 15:30:00
  • 2019/04/01 18:45:00
  • 2019/03/15 21:00:00
  • 2019/03/01 18:00:00
  • 2019/02/15 18:00:00
  • 2019/02/01 17:00:00
  • 2019/01/15 19:45:00
  • 2019/01/01 12:00:00
  • 2018/12/15 18:15:00
  • 2018/12/01 09:00:00
  • 2018/11/15 21:45:00
  • 2018/11/01 19:15:00
  • 2018/10/15 21:00:00
  • 2018/10/01 17:00:00
  • 2018/09/15 12:00:00
  • 2018/09/01 15:00:00
  • 2018/08/15 17:00:00
  • 2018/08/01 19:15:00
  • 2018/07/15 11:00:00
  • 2018/07/01 19:00:00
  • 2018/06/15 22:00:00
  • 2018/06/01 20:30:00
  • 2018/05/15 17:00:00
  • 2018/05/01 14:00:00
  • 2018/04/15 18:00:00
  • 2018/04/01 16:30:00
  • 2018/03/23 18:48:08
  • 2018/03/15 22:30:00
  • 2018/03/01 21:00:00
  • 2018/02/23 11:09:39
  • 2018/02/21 11:15:00
  • 2018/02/20 19:58:19
  • 2018/02/19 16:30:00
  • 2018/02/15 15:00:00
  • 2018/02/01 18:00:00
  • 2018/01/15 15:00:00
  • 2018/01/01 12:00:00
  • 2017/12/15 22:30:00
  • 2017/12/01 16:30:00
  • 2017/11/15 20:45:00
  • 2017/11/07 10:13:54
  • 2017/11/01 12:00:00
  • 2017/10/15 17:00:00
  • 2017/10/01 17:00:00
  • 2017/09/15 15:00:00
  • 2017/09/01 23:15:00
  • 2017/08/24 14:29:06
  • 2017/08/15 10:27:11
  • 2017/08/01 20:00:00
  • 2017/07/21 10:19:54
  • 2017/07/15 09:00:00
  • 2017/07/01 15:00:00
  • 2017/06/15 15:00:00
  • 2017/06/01 19:30:00
  • 2017/05/15 16:45:00
  • 2017/05/01 16:30:00
  • 2017/04/24 17:16:05
  • 2017/04/15 15:30:00
  • 2017/04/01 16:00:00
  • 2017/03/15 13:33:30
  • 2017/03/01 15:00:00
  • 2017/02/15 21:00:00
  • 2017/02/15 14:28:44
  • 2017/02/15 14:27:22
  • 2017/02/15 14:25:42
  • 2017/01/31 13:59:31
  • 2017/01/31 13:58:32
  • 2017/01/31 13:57:24
  • 2017/01/31 13:56:45
  • 2017/01/31 13:56:09
  • 2017/01/31 13:55:22
  • 2017/01/31 13:54:43
  • 2017/01/31 13:54:01
  • 2017/01/31 13:53:16
  • 2017/01/31 13:52:32
  • 2017/01/31 13:51:51
  • 2017/01/31 13:51:11
  • 2017/01/31 13:50:31
  • 2017/01/31 13:49:48
  • 2017/01/31 13:48:58
  • 2017/01/31 13:48:17
  • 2017/01/31 13:47:26
  • 2017/01/31 13:46:31
  • 2017/01/31 13:45:27
  • 2017/01/31 13:44:44
  • 2017/01/31 13:43:49
  • 2017/01/31 13:42:52
  • 2017/01/31 13:41:12
  • 2017/01/31 13:39:35
  • 2016/10/13 15:14:32
  • 2019/01/15 19:45:00
    • 公益社団法人日本フィランソロピー協会メールマガジン 2019-01-15

    このメールマガジンは、日本フィランソロピー協会主催のイベントにご参加頂いた
    方、および職員と名刺交換させて頂いた方にお送りしております。
    ご不要の方は、お手数ですが本アドレスにご連絡頂くか、末尾にご案内するURLに
    て、解除のお手続きをお願い申し上げます。

    =======公益社団法人日本フィランソロピー協会メールマガジン======
               https://www.philanthropy.or.jp/
                  【毎月1日・15日発行】
    ================ 2019-01-15================
    2019年からスポーツの世界大会が日本で3年連続で開催されます。2019年は全国12都
    市でラグビーワールドカップ。2020年は東京オリンピック・パラリンピック。2021年
    は関西でワールド・マスターズゲームス。スポーツ好きな自分としては楽しみな3年
    間で、何かしらどこかで関わって行こうといろいろと考えています。
    大会に出場する選手は参加できるかどうかの勝負が今年は本格化します。とあるパラ
    アスリートに聞いた話ですが、海外で一旦引退した選手が東京に行きたいからと現役
    復帰しているケースが多くあり、競争が激しくなっているそうです。いくつかの競技
    をピックアップしました。本線前の戦いにもぜひ注目してみてください!!
    (青木 高)

    ■ INDEX 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

    ◆日本フィランソロピー協会からのお知らせ
    1. 第352回定例セミナー
     「外国人受け入れ新政策〜日本の未来はどう変わるのか?〜」
    2. 地域創生・次世代育成セミナー
    「災害復興を乗り越え、地域創生を支える次世代リーダーシップ」
    3. SDGs経営を多角的・包括的に考える「エグゼクティブセミナー」
    4. 第353回定例セミナー
    CSR・社会貢献活動を「伝えるコツ」〜参加意欲を高める訴求力強化ワークショップ〜
    5. 子どもの『貧・困』伴走者育成研修報告シンポジウム(東京)
    6.「第16回企業フィランソロピー大賞」 贈呈先決定
    7. 第32回フィランソロピーセミナー・大阪
     「サステナビリティ経営について考える〜会計学の観点から〜」

    ◆フィランソロピーニュース
    1. サントリー 「サントリー天然水 奥大山ブナの森工場」が
      日本で初めてAlliance for Water Stewardship(AWS)認証を取得
    2. 大和証券 「大和証券グループ 輝く未来へ こども応援基金」助成先決定 
    3. 阪急阪神ホールディングス 
      おにぎりでサポート! 「おにぎりを食べて 被災したこどもたちを応援しよう」

    ◆各地のイベント(開催日順)
    1.【東京】子供の貧困対策 マッチング・フォーラム in 東京
    2.【東京】Fw:東北 Weekly [vol.27] 震災から8年、被災地コミュニティの新たな課題
    3.【東京】天皇陛下御在位三十年記念 2019ジャパンパラボッチャ競技大会
    4.【神奈川】ネッツトヨタ湘南 PRESENTS 第18回High8選手権大会
    5.【千葉】天皇陛下御在位三十年記念 2019ジャパンパラゴールボール競技大会
    6.【大分】第68回別府大分毎日マラソン(兼)第19回日本視覚障がい男子マラソン選手権大会
    7.【東京】一般社団法人JIMI-Lab キックオフフォーラム 〜いまこそ”協働の意義”を問い直す〜
    8.【宮城】「新しい東北」交流会 〜東北の「今」を知ろう〜
    9.【東京】SDGs×人権×教育フォーラム

    ◆募集
    1. 助成プログラム:ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献員会

    ======== 日本フィランソロピー協会からのお知らせ =========

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    1. 第352回定例セミナー
     「外国人受け入れ新政策〜日本の未来はどう変わるのか?〜」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    新年最初のセミナーは、外国人労働者の受け入れ問題を取り上げます。
    「我々は労働力を呼んだが、やってきたのは人間だった」50年以上前、労働力不足
    から外国人労働者を受け入れたスイスにおいて発生した移民問題に際し言われた言
    葉です。外国人労働者は、家族がいる生身の人間であり、地域を支える住民でもあ
    ります。ダイバーシティ&インクルージョンの観点から、この問題をどう考えるか。
    移民問題に長年取り組む毛受敏浩氏をお迎えし、お話の後、ディスカッションを通
    して理解を深めたいと思います。

    ・日時:1月17日(木)18:30〜20:30
    ・会場:損害保険ジャパン日本興亜株式会社 新宿本社ビル38階会議室
        (東京都新宿区西新宿1-26-1)
    ・講師:毛受 敏浩 氏 (公益財団法人日本国際交流センター 執行理事)
    ・申込:https://www.philanthropy.or.jp/seminar/352/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2. 地域創生・次世代育成セミナー
    「災害復興を乗り越え、地域創生を支える次世代リーダーシップ〜企業・学校の現場から〜」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    東日本大震災で大きな被害を受けた石巻において、学校の子どもたちから保護者、経
    済を支える企業関係者、また地域社会をつなぐ市民団体などの地域の担い手と、担い
    手と協働したい方々にお集まりいただき、石巻の今の魅力と、未来に向けて語り合う
    有意義な機会にしたいと考えています。

    ・日時:1月26日(土)13:00〜17:00
    ・会場:石巻商工会議所 1F会議室(宮城県石巻市中央2丁目9-18)
    ・講師:
      唐木 清志 氏(筑波大学 人間系 教授)
      岡本 工介 氏(一般社団法人タウンスペースWAKWAK 事務局長)
      宮城県石巻西高等学校
      東北学院中学校・高等学校
      石巻市立石巻中学校
      斉藤 誠太郎 氏(一般社団法人ISHINOMAKI2.0 理事)
      神澤 祐輔 氏(特定非営利活動法人かぎかっこプロジェクト 理事長)
    ・申込:https://www.philanthropy.or.jp/ccp/20190126/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    3. SDGs経営を多角的・包括的に考える「エグゼクティブセミナー」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企業を取り巻く社会経済環境が激変し、これまでの延長線上では極めて予測困難な時
    代を迎える中、SDGsへの関心が高まっています。今こそ、持続可能な社会をけん引す
    ることが企業に求められていますが、同時にそのことが企業の競争力にとって不可欠
    な時代に入ってきました。10月からCSRを骨太に理解する企業の経営者向けのエグゼ
    クティブセミナーを連続開催中です。参加にご関心がある方は、事務局にご連絡くだ
    さい。

    <第4回:1月24日(木)>
    テーマ:「予測不能な時代に求められるクリエイティビティとイノベーション」
    講師 :土谷 貞雄 氏(株式会社貞雄 代表)

    <第5回:2月27日(水)>
    テーマ:「しあわせな社会をいかに実現すべきか〜幸福学からの提言〜」
    講師 :前野 隆司 氏
        (慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 教授)

    ・会場:株式会社博展 セミナールーム
    (東京都中央区築地1-13-14 NBF東銀座スクエア9F)
    ・時間:14:30〜17:30 セミナー
        17:30〜19:00 交流会
    ・申込:https://www.philanthropy.or.jp/executive

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    4. 第353回定例セミナー
    「CSR・社会貢献活動を「伝えるコツ」〜参加意欲を高める訴求力強化ワークショップ〜」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2月のセミナーは自社のCSRや社会貢献活動を効果的に伝える「グッと来る
    キャッチコピー」について考えます。株式会社電通が、社会貢献活動の一環
    としてNPOのコミュニケーション力の向上を目指し行なうセミナープログラム
    「伝えるコツ」。自社の社会貢献活動のアピール力を強化し、共感を呼び、
    参加意欲を高め、活動を広げるにはどう伝えたらいいか。同プログラムの
    紹介の後、企業の担当者向けにアレンジした講義とミニワークショップを
    実施いただきます。多くの方のご参加をお待ちしております。


    ・日時:2019年2月15日(金)15:30(開場)16:00〜18:00(セミナー)

    ・会場:味の素株式会社 本社 B棟2階21号会議室(東京都中央区京橋1-15-1)

    ・講師:伊藤 公一 (いとう こういち)氏
        株式会社電通九州チーフクリエーティブオフィサー
        
        金子 花菜 (かねこ はな)氏
        株式会社電通 総務局社会貢献部 コミュニケーションデザイナー(「伝えるコツ」担当)

    ・詳細・お申し込み:https://www.philanthropy.or.jp/seminar/353/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    5. 子どもの『貧・困』伴走者育成研修報告シンポジウム(東京)
    (助成:独立行政法人福祉医療機構)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2018年度、独立行政法人福祉医療機構の助成により、企業人向け研修プログラム
    <「子どもの『貧・困』」伴走者育成研修〜誰も取り残さないために今動き出す>
    を5回の講義と現場体験の組み合わせで実施いたしました。その振り返りとともに子
    どもの『貧・困』への多様な関わり方を知り、伴走者であり続けるために今できるこ
    と、そして明日できることを考えてまいりたいと思います。多くの皆様のご参加をお
    待ち申し上げております。

    ・日時:2月25日(月)18:30〜21:00
    ・会場: TKP東京駅大手町カンファレンスセンター ホール22E
        (東京都千代田区大手町1-8-1 KDDI大手町ビル22階)
    ・プログラム
     特別講演、ディスカッション、
     研修プログラム検討会委員による専門的見地からのアドバイス
    ・申込:https://www.philanthropy.or.jp/poverty/20190225/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    6.「第16回企業フィランソロピー大賞」 贈呈先決定
    〜 CSR のベストプラクティスとしての社会貢献活動を顕彰 〜
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「第16回企業フィランソロピー大賞」 の贈呈先 (受賞企業) を下記のとおり
    決定しました。本賞は、 社会の課題解決のために自社の経営資源 (人材 ・ ノウハウ ・
    技術 ・ 情報など) を有機的 ・ 持続的に活用した社会貢献活動を顕彰するもので、
    そうした企業を広く社会に発信することにより、 公正で温もりと活力ある社会を
    次世代に伝えることを目的として、 2003年に創設しました。

    ★企業フィランソロピー大賞
    UBS グループ (東京都千代田区)
     UBS 証券株式会社、 UBS 銀行東京支店
     UBS アセット ・ マネジメント株式会社、UBS ジャパン ・ アドバイザーズ株式会社

    ★選考委員長特別賞
    株式会社 富士メガネ(札幌市)

    ★企業フィランソロピー賞 
    【幸福への轍(わだち)賞】 有限会社 さいとう工房       (東京都墨田区)
    【輝く笑顔とともに賞】   資生堂ジャパン株式会社       (東京都港区)
    【いのちの伝道師賞】 損害保険ジャパン日本興亜株式会社 (東京都新宿区)
    【未来を拓くAKARI賞】 パナソニック株式会社     (大阪府門真市)
    【地域共創賞】    株式会社 みなと銀行     (神戸市)
     ※社名50音順

    詳細:https://www.philanthropy.or.jp/award/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    7. 第32回フィランソロピーセミナー・大阪
     「サステナビリティ経営について考える〜会計学の観点から〜」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    今回のセミナーでは、環境会計の分野を代表する研究者である國部克彦氏をお迎え
    して、『企業現場での環境と経済の両立はいかに果たすことができるのか』 につい
    て会計学の観点から論理的にご説明いただきます。その後のディスカッションで、
    『サステナビリティ経営に向けて企業としてどうあるべきか』 をご一緒に考えた
    いと思います。皆様のご参加をお待ちしております。

    ・日時:3月5日(火)16:00〜18:00
    ・会場:マルホ株式会社 大阪本社8階 第1・第2会議室
        (大阪市北区中津1丁目5-22)
    ・講師:國部 克彦 氏 (神戸大学大学院経営学研究科 教授)
    ・申込:https://www.philanthropy.or.jp/seminar/032/


    ============ フィランソロピーニュース ============

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    1.サントリー 「サントリー天然水 奥大山ブナの森工場」が
    日本で初めてAlliance for Water Stewardship(AWS)認証を取得
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    サントリーグループは、企業理念の中核である「人と自然と響きあう」のもと、社会
    との約束として「水と生きる」を掲げ、水に関するさまざまな活動に取り組んでいます。
    奥大山ブナの森工場では、工場で採取する水量以上の地下水を涵養できる面積の森を
    保全していくことを目的に、水源となる森計409haを「天然水の森 奥大山」とし、
    水源涵養活動を展開しています。

    本件に関するニュースリリースはこちら↓
    https://www.suntory.co.jp/news/article/13350.html

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2.大和証券 「大和証券グループ 輝く未来へ こども応援基金」助成先決定 
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2017年9月、 大和証券グループは子どもの貧困問題解決の一助となるべく「大和証券
    グループ 夢に向かって! こどもスマイルプロジェクト」を開始しました。
    このプロジェクトの一環として、当社グループは、公益財団法人パブリックリソース
    財団と協働し、「大和証券グループ 輝く未来へ こども応援基金」を創設しました。
    本基金は、子どもの環境改善や貧困の連鎖を防止することを目的としており、子どもの
    貧困問題に取り組む団体を支援します。

    本件に関する詳細はこちら↓
    http://www.daiwa-grp.jp/csr/citizen/smile_project/foundation.html

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    3. 阪急阪神ホールディングス 
    おにぎりでサポート! 「おにぎりを食べて 被災したこどもたちを応援しよう」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    阪急阪神株式会社いいなダイニングと株式会社エキ・リテール・サービスは西日本豪雨
    で被害の大きかった岡山県を中心としたこどもたちの支援を目的に、2月4日(月)から
    2月17日(日)まで、「アズナス」「クックデリ御膳(阪急電鉄駅構内店)」など各店で
    おにぎり1個購入に付き1円を公益社団法人 セーブ・ザ。チルドレンジャパンに寄付する。


    本件に関するニュースリリースはこちら↓
    https://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/6508_9111940a99c943bf112617814a41791a658a573a.pdf


    ============各地のイベント(開催日順)=============

    ■1. 開催地:東京都千代田区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    子供の貧困対策 マッチング・フォーラム in 東京
    主催:内閣府
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    子供の貧困をなくすためには、子供たちをあたたかく見守る人、困った時に相談できる
    人が身近にいる地域社会をつくることが大切です。本フォーラムは、「子供の貧困って
    何?」「自分たちにできることは?」という皆様が、支援に向けた一歩を踏み出してい
    ただくことを目指して開催される。

    ・日時   :1月25日(金)3:30〜16:30 (開場 13:00)(予定)
    ・会場   :有楽町朝日ホール(東京都千代田区有楽町2丁目5−1)
    ・定員   :300名 名
    ・参加費  :無料
    ・申込期限 :1月22日(火)17:00
    ・詳細  :https://www8.cao.go.jp/kodomonohinkon/forum/h30/pdf/tokyo/chirashi.pdf

    ■2. 開催地:東京都千代田区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    Fw:東北 Weekly [vol.27] 震災から8年、被災地コミュニティの新たな課題
    〜災害公営住宅の現状と課題からコミュニティ作りのアイデアを考えよう〜
    主催:復興庁
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ゲストの新井信幸氏、鈴木祐司氏からお話をうかがい、「災害公営住宅」の現状や課題
    を知り、これからの暮らしを支えるコミュニティをどのようにつくっていけばよいか、
    アイデアをだしながら参加者の皆さんと一緒に考えていきます。

    ・日時 :1月17日(火)15:00〜17:00
    ・会場 :SENQ霞ヶ関 (東京都千代田区霞が関一丁目4番1号 日土地ビル2F)
    ・定員 :30名(先着順)
    ・参加費:無料
    ・詳細 :http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat1/sub-cat1-11/20131024120236.html


    ■3.開催地:東京都新宿区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    天皇陛下御在位三十年記念 2019ジャパンパラボッチャ競技大会
    主催:公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    パラリンピック競技ボッチャの国際親善試合。韓国とカナダが参加予定。ハイレベルな
    試合を是非観戦してみてください。

    ・日時 :1月19日(土)・20(日)
    ・場所 :新宿コズミックセンター(東京都新宿区大久保3丁目1-2)
    ・参加費:無料
    ・詳細 :http://www.jsad.or.jp/japanpara/boccia/

    ■4. 開催地:神奈川県藤沢市 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ネッツトヨタ湘南 PRESENTS 第18回High8選手権大会
    主催:一般社団法人関東車椅子バスケットボール連盟
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    車椅子バスケットボールは選手に持ち点があり、5人の合計が14点以内と決められています。
    本大会は点数の中でも障がいの重いローポインター(持ち点2.5点以下)と女子選手の
    育成を目的に行われます。5人の合計は8点以内。

    ・日時 :1月26日(土)・27日(日)
    ・会場 :藤沢市秋葉台文化体育館(神奈川県藤沢市遠藤2000−1)
    ・参加費:無料
    ・詳細 :http://www.geocities.co.jp/Athlete/1737/kantoHP/index/

    ■5. 開催地:千葉県千葉市 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    天皇陛下御在位三十年記念 2019ジャパンパラゴールボール競技大会
    主催:公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    パラリンピック競技のゴールボール国際親善試合。視覚障害者のために考案された
    スポーツ。視力の程度にかかわらずアイシェードという光の入らないゴーグルを装着し、
    3人対3人で行われます。ブラジル、トルコ、アメリカからチームが参戦。競技中はお静
    かに。

    ・日時 :2月1日(金)〜3日(日)
    ・会場 :千葉ポートアリーナ(千葉県千葉市中央区問屋町1-20)
    ・詳細 :http://www.jsad.or.jp/japanpara/goalball/

    ■6. 開催地:大分県大分市 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    第68回別府大分毎日マラソン(兼)第19回日本視覚障がい男子マラソン選手権大会
    主催:九州陸上競技会、大分県、大分県教育委員会など
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    日本三大クラッシックレースの一つの大会と共に視覚障がい男子マラソン選手権が
    開催されます。

    ・日時 :2月3日(土)10:00〜12:00
    ・会場 :大分市営陸上競技場 スタート(大分県大分市西浜1−1)
    ・詳細 :https://www.betsudai.com/index.html

    ■7. 開催地:東京都港区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    一般社団法人JIMI-Lab キックオフフォーラム 〜いまこそ”協働の意義”を問い直す〜
    主催:一般社団法人JIMI-Lab
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    このフォーラムでは、様々な視点から多角的に学び・気づきを得られるように、ゲスト
    も異なるセクターで活躍する方々を招聘。このフォーラム自体を”ハブ”として、組織
    の垣根を超えた横のつながりをつることを目指している。

    ・日時 :2月5日(火)14:30-17:30 (14:00受付開始)
    ・会場 :日本財団ビル 2階大会議室(東京都港区赤坂1丁目2番2号日本財団ビル)
    ・定員 :100名
    ・参加費:2,000円(終了後の懇親会は別途実費)
    ・詳細 :https://www.jimi-lab.net/blog/forum

    ■8. 開催地:宮城県仙台市 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「新しい東北」交流会 〜東北の「今」を知ろう〜
    主催:復興庁
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    今回の交流会では、「東北の「今」を知ろう」をテーマとして、東日本大震災をきっか
    けに被災地で生まれ・広がった自治体、企業、NPOなどの様々な団体の取組について
    紹介。震災から7年半が経過した今、被災地が抱える課題にどのように向き合い、どの
    ような展望を描いて課題解決に取り組んできたのか。最前線で活躍する方々から発。
    幅広い方々に東北の「今」を知っていただき、今後の「新しい東北」の在り方について
    考えるきっかけとする。

    ・日時 :2月17日(日)13:00〜18:00(12:30開場)
    ・会場 :TKP ガーデンシティ PREMIUM 仙台西口など
         (仙台市青葉区花京院 1-2-15 ソララプラザ 8F)
    ・詳細 :https://www.newtohoku.org/index.html

    ■9. 開催地:東京都渋谷区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    SDGs×人権×教育フォーラム
    主催:独立行政法人国際協力機構(JICA)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    このフォーラムでは「人権」と「社会的公正」の視点から持続可能な社会のための教育
    を考えます。また、海外の事例や、各地の学校や地域、NPO/NGOで実践されている学習
    や地域づくりの取り組みをご紹介・共有します。ここから、SDG4.7 *2 の達成や持続
    可能な社会のための学びをゆるやかにつなぐネットワークが生まれることを期待して
    開催されます。

    ・日時 :2月23日(土)13:00〜18:00、24日(日)10:00〜16:30
    ・会場 :JICA東京(東京都渋谷区西原2-49-5)
    ・定員 :120名(先着順/要事前申込)
    ・参加費:無料
    ・詳細 :http://www.dear.or.jp/getinvolved/e190223.html

    ================= 募集 =================

    ■1. 募集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    助成プログラム
    主催:ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献員会
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献員会は人々のこころと身体の健康に関わる
    社会課題に対して長期的な視点で取り組むため、こうした分野で活動する非営利団体
    に対し、プロジェクトの助成を行っている。その時々の社会的ニーズにもとづき、支援
    が必要とされている領域を議論のうえ確定する。近年は特に、子どもと女性の心身、
    東日本大震災などの被災地におけるこころに関する支援を、優先的支援領域として活動
    している。

    ・応募締め切り:2月3日(日)必着
    ・詳細:http://www.jjcc.gr.jp/notice/suoportprogram.html

    ============================================================================
    ◆バックナンバーはこちらから◆
    https://secure.philanthropy.or.jp/mm/backnumber.cgi
    ============================================================================
    ◆配信中止・アドレス変更◆
    アドレス変更
    https://secure.philanthropy.or.jp/mm/regist.html
    配信中止
    {DELURL}
    ============================================================================
    公益社団法人 日本フィランソロピー協会
    〒100-0004東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル244区
    TEL: 03-5205-7580 FAX: 03-5205-7585
    URL: https://www.philanthropy.or.jp
    =======================================================