日付一覧

  • 2019/04/15 15:30:00
  • 2019/04/01 18:45:00
  • 2019/03/15 21:00:00
  • 2019/03/01 18:00:00
  • 2019/02/15 18:00:00
  • 2019/02/01 17:00:00
  • 2019/01/15 19:45:00
  • 2019/01/01 12:00:00
  • 2018/12/15 18:15:00
  • 2018/12/01 09:00:00
  • 2018/11/15 21:45:00
  • 2018/11/01 19:15:00
  • 2018/10/15 21:00:00
  • 2018/10/01 17:00:00
  • 2018/09/15 12:00:00
  • 2018/09/01 15:00:00
  • 2018/08/15 17:00:00
  • 2018/08/01 19:15:00
  • 2018/07/15 11:00:00
  • 2018/07/01 19:00:00
  • 2018/06/15 22:00:00
  • 2018/06/01 20:30:00
  • 2018/05/15 17:00:00
  • 2018/05/01 14:00:00
  • 2018/04/15 18:00:00
  • 2018/04/01 16:30:00
  • 2018/03/23 18:48:08
  • 2018/03/15 22:30:00
  • 2018/03/01 21:00:00
  • 2018/02/23 11:09:39
  • 2018/02/21 11:15:00
  • 2018/02/20 19:58:19
  • 2018/02/19 16:30:00
  • 2018/02/15 15:00:00
  • 2018/02/01 18:00:00
  • 2018/01/15 15:00:00
  • 2018/01/01 12:00:00
  • 2017/12/15 22:30:00
  • 2017/12/01 16:30:00
  • 2017/11/15 20:45:00
  • 2017/11/07 10:13:54
  • 2017/11/01 12:00:00
  • 2017/10/15 17:00:00
  • 2017/10/01 17:00:00
  • 2017/09/15 15:00:00
  • 2017/09/01 23:15:00
  • 2017/08/24 14:29:06
  • 2017/08/15 10:27:11
  • 2017/08/01 20:00:00
  • 2017/07/21 10:19:54
  • 2017/07/15 09:00:00
  • 2017/07/01 15:00:00
  • 2017/06/15 15:00:00
  • 2017/06/01 19:30:00
  • 2017/05/15 16:45:00
  • 2017/05/01 16:30:00
  • 2017/04/24 17:16:05
  • 2017/04/15 15:30:00
  • 2017/04/01 16:00:00
  • 2017/03/15 13:33:30
  • 2017/03/01 15:00:00
  • 2017/02/15 21:00:00
  • 2017/02/15 14:28:44
  • 2017/02/15 14:27:22
  • 2017/02/15 14:25:42
  • 2017/01/31 13:59:31
  • 2017/01/31 13:58:32
  • 2017/01/31 13:57:24
  • 2017/01/31 13:56:45
  • 2017/01/31 13:56:09
  • 2017/01/31 13:55:22
  • 2017/01/31 13:54:43
  • 2017/01/31 13:54:01
  • 2017/01/31 13:53:16
  • 2017/01/31 13:52:32
  • 2017/01/31 13:51:51
  • 2017/01/31 13:51:11
  • 2017/01/31 13:50:31
  • 2017/01/31 13:49:48
  • 2017/01/31 13:48:58
  • 2017/01/31 13:48:17
  • 2017/01/31 13:47:26
  • 2017/01/31 13:46:31
  • 2017/01/31 13:45:27
  • 2017/01/31 13:44:44
  • 2017/01/31 13:43:49
  • 2017/01/31 13:42:52
  • 2017/01/31 13:41:12
  • 2017/01/31 13:39:35
  • 2016/10/13 15:14:32
  • 2019/02/15 18:00:00
    • 公益社団法人日本フィランソロピー協会メールマガジン 2019-02-15

    このメールマガジンは、日本フィランソロピー協会主催のイベントにご参加頂いた方、
    および職員と名刺交換させて頂いた方にお送りしております。
    ご不要の方は、お手数ですが本アドレスにご連絡頂くか、末尾にご案内するURLにて、
    解除のお手続きをお願い申し上げます。

    =======公益社団法人日本フィランソロピー協会メールマガジン====
         https://www.philanthropy.or.jp/
         【毎月1日・15日発行】
    ===============2019-02-15==============
    2019年の幕開けから一ヶ月半。
    このわずかな期間にも、子どもたちをめぐる痛ましい事件が相次ぎました。
    「何かできることがあったのではないか」と考える方が多いのではないでしょうか。

    国連子どもの権利委員会による日本政府への勧告でも、子どもに対する暴力への
    対策強化に日本社会全体で向き合うべきだとの指摘がありましたが、
    「日本社会全体」を「私」に置き換えると、改めて「ほっとけない!」という思いが
    募ります。

    当協会では、先月より「誕生日寄付」事業(※)をスタートしました。
    一人で戦っている子ども、厳しい境遇から立ち上がろうとしている子どもを、
    直接救い出すことは容易ではありませんが、子どもたちに手を差し伸べ寄り添う活動を
    寄付で支えることは、今すぐにできること。

    ぜひ公式サイトをご覧いただき、子どもたちの今を未来につなぐご寄付をお願い致します。

    ・「生きるを支える」https://www.birthday-donation.jp/donation/life/
    ・「学びを支える」 https://www.birthday-donation.jp/donation/learning/
    ・「外国人を支える」https://www.birthday-donation.jp/donation/foreigner/

    ※「誕生日寄付」
    誕生日という命を授かった日に感謝し、子どもたちの命を守り育てる活動を寄付で
    応援する取り組みです。公式サイト https://www.birthday-donation.jp/donation/

    (宮本 栄)

    ■ INDEX 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

    ◆日本フィランソロピー協会からのお知らせ
    1. SDGs経営を多角的・包括的に考える「エグゼクティブセミナー」
    2. 子どもの『貧・困』伴走者育成研修報告シンポジウム(東京)
    3. 第32回フィランソロピーセミナー・大阪
     「サステナビリティ経営について考える〜会計学の観点から〜」
    4.第33回フィランソロピーセミナー・滋賀
     「次世代につなぐまちづくりに必要な、企業、行政、地域住民の連携」
       〜アメリカ オレゴン州 ポートランドの事例から学ぶ〜

    ◆フィランソロピーニュース
    1.サントリー 東日本大震災復興支援 サントリー東北サンさんプロジェクト
    「チャレンジド・アスリート奨励金」第五期助成先決定
    2.全労済 防災・減災、環境および子どもをテーマに、73団体に総額約2,000万円を助成
    3.花王 ウガンダで月経衛生環境の改善をめざすプロジェクトへの支援を開始
    4.東洋経済新報社 CSR企業ランキング 2019年版 発表

    ◆各地のイベント(開催日順)
    1.【東京】「ソフトバリアフリー実証実験」を実施
    2.【東京】Panasonic NPOサポート ファンド 「成果報告会」
    3.【東京】平成30年度青少年の体験活動推進企業表彰 表彰式及びシンポジウム
    4.【東京】第17回キラキラっとアートコンクール優秀賞作品展
    5.【仙台】ドイツから学ぶワークライフバランスと地域スポーツ〜スポーツの普及を地域活性につなげる〜
    6.【大阪】映画上映会「歌声にのった少年」&活動報告
    7.【東京】第7回みちのく復興事業シンポジウム―東北から、パラダイムシフト―
    8.【東京】「きく・かく・えがく〜東京のふるさと・自然公園〜」発表会

    ◆募集
    1.第71回「保健文化賞」(第一生命保険株式会社)


    ◆フィランソロピーニュース
    ======== 日本フィランソロピー協会からのお知らせ ========
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    1. SDGs経営を多角的・包括的に考える「エグゼクティブセミナー」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企業を取り巻く社会経済環境が激変し、これまでの延長線上では極めて予測困難な時
    代を迎える中、SDGsへの関心が高まっています。今こそ、持続可能な社会をけん引す
    ることが企業に求められていますが、同時にそのことが企業の競争力にとって不可欠
    な時代に入ってきました。10月からCSRを骨太に理解する企業の経営者向けのエグゼ
    クティブセミナーを連続開催中です。参加にご関心がある方は、事務局にご連絡ください。

    <第5回:2月27日(水)>
    テーマ:「しあわせな社会をいかに実現すべきか〜幸福学からの提言〜」
    講師 :前野 隆司 氏
        (慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 教授)

    ・会場:株式会社博展 セミナールーム
    (東京都中央区築地1-13-14 NBF東銀座スクエア9F)
    ・時間:14:30〜17:30 セミナー
        17:30〜19:00 交流会
    ・申込:https://www.philanthropy.or.jp/executive

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2. 子どもの『貧・困』伴走者育成研修報告シンポジウム(東京)
    (助成:独立行政法人福祉医療機構)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2018年度、独立行政法人福祉医療機構の助成により、企業人向け研修プログラム
    <「子どもの『貧・困』」伴走者育成研修〜誰も取り残さないために今動き出す>
    を5回の講義と現場体験の組み合わせで実施いたしました。その振り返りとともに子
    どもの『貧・困』への多様な関わり方を知り、伴走者であり続けるために今できるこ
    と、そして明日できることを考えてまいりたいと思います。多くの皆様のご参加をお
    待ち申し上げております。

    ・日時:2月25日(月)18:30〜21:00
    ・会場: TKP東京駅大手町カンファレンスセンター ホール22E
        (東京都千代田区大手町1-8-1 KDDI大手町ビル22階)
    ・プログラム
      特別講演、ディスカッション、
      研修プログラム検討会委員による専門的見地からのアドバイス

    ・申込:https://www.philanthropy.or.jp/poverty/20190225/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    3. 第32回フィランソロピーセミナー・大阪
     「サステナビリティ経営について考える〜会計学の観点から〜」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    今回のセミナーでは、環境会計の分野を代表する研究者である國部克彦氏をお迎え
    して、『企業現場での環境と経済の両立はいかに果たすことができるのか』 につい
    て会計学の観点から論理的にご説明いただきます。その後のディスカッションで、
    『サステナビリティ経営に向けて企業としてどうあるべきか』 をご一緒に考えた
    いと思います。皆様のご参加をお待ちしております。

    ・日時:3月5日(火)16:00〜18:00
    ・会場:マルホ株式会社 大阪本社8階 第1・第2会議室
        (大阪市北区中津1丁目5-22)
    ・講師:國部 克彦 氏 (神戸大学大学院経営学研究科 教授)

    ・申込:https://www.philanthropy.or.jp/seminar/032/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    4. 第33回フィランソロピーセミナー・滋賀
     「次世代につなぐまちづくりに必要な、企業、行政、地域住民の連携」
       〜アメリカ オレゴン州 ポートランドの事例から学ぶ〜
     共催:STMF滋賀まちづくり会社フォーラム
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    今回のセミナーでは、全米一住みたい街と言われるオレゴン州ポートランドが、
    どのような仕組みで市民参加を促し、コミュニティの運営を推進しているのかを、
    滋賀県出身で、ポートランド在住の行政学教授 西芝先生からお話を伺います。
    まちづくり先進都市ポートランドの事例から、滋賀県の各市が今後、さらに
    発展していくために、企業、行政、地域住民がどのように連携していけるかを、
    一緒に考えたいと思います。

    ・日時:3月20日(水)14:30〜17:00
    ・会場:近江八幡商工会議所 会議室
        (滋賀県近江八幡市桜宮町231-2)
    ・講師:西芝 雅美氏
      ポートランド州立大学(PSU)
      ハットフィールド大学院行政学部 学部長 准教授

    ・申込:https://www.philanthropy.or.jp/seminar/033


    ============ フィランソロピーニュース ===========
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    1.サントリー 東日本大震災復興支援 サントリー東北サンさんプロジェクト
     「チャレンジド・アスリート奨励金」第五期助成先決定
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    サントリーホールディングスは、サントリーグループの東日本大震災復興支援「サントリー
    東北サンさんプロジェクト」の一環として、「チャレンジド・アスリート奨励金」の第五期
    助成先を個人部門で50名、団体部門で24団体に決定しました。
    奨励金は、義肢装具・器具購入や競技会・研修会などの実施費用・参加費用などに活用されます。
    (※公益社団法人日本フィランソロピー協会は同奨励金の事務局を担当しています)

    本件に関するニュースリリースはこちら↓
    https://www.suntory.co.jp/news/article/13379.html

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2.全労済 防災・減災、環境および子どもをテーマに、73団体に総額約2,000万円を助成
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    全労済では、社会貢献活動の一環として1992年より「防災・減災」「環境保全」「子どもの健全育成」の
    活動に地域で取り組む団体を対象に助成事業を実施。「人と人とがささえあい、安心して暮らせる未来へ」を
    テーマに、「自然災害に備え、いのちを守る活動」「環境を守る活動」および「子どもの健やかな育ちを
    支える活動」に携わるNPO法人や市民団体など73 団体に総額19,250,140 円を助成することを
    決定しました。

    本件に関するニュースリリースはこちら↓
    https://www.zenrosai.coop/zenrosai/topics/2019/23763.html

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    3.花王 ウガンダで月経衛生環境の改善をめざすプロジェクトへの支援を開始 
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    花王グループは、国連人口基金(UNFPA)とパートナーシップを組み、「ウガンダ月経衛生
    環境向上プロジェクト」の支援を開始。国産の生理用ナプキンを製造するウガンダの若手
    社会起業家5人が立ち上げた「エコスマート」へ資金を提供し、衛生面で困難に直面している
    ウガンダの女性が、活力を持って快適に暮らせるよう働きかけていきます。
    花王はこのパートナーシップにより、持続可能な開発目標(SDGs)の目標3「すべての人に
    健康と福祉を」、目標5「ジェンダー平等」への貢献をめざします。

    本件に関するニュースリリースはこちら↓
    https://www.kao.com/jp/corporate/news/2019/20190208-001/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    4.東洋経済新報社 CSR企業ランキング 2019年版 発表
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    東洋経済新報社は「信頼される会社」をCSR(企業の社会的責任)と財務の両データから
    評価する「CSR企業ランキング2019」を発表。13回目となる今回はNTTドコモが2年連続、
    3回目のトップとなった。2位はKDDI。3位は昨年5位からランクアップした花王。4位は
    ブリヂストン、5位は富士フイルムホールディングス。

    本件に関する詳細はこちら↓
    https://premium.toyokeizai.net/articles/-/19946

    ============各地のイベント(開催日順)===========

    ■1. 開催地:東京都新宿区━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「ソフトバリアフリー実証実験」を実施
    主催:東京都
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    東京都は、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」開催を見据え、
    高齢者や障害者等に対して一層の理解を図り相互に助け合う機運を醸成するソフト面での
    バリアフリー対策を推進。ICTを活用したソフトバリアフリーの実証実験を実施します。

    ・期間:2月14日(木)〜2月24日(日)10:00〜20:00
    ・場所:新宿西口エリア
    ・参加費:無料
    ・詳細:http://www.soumu.metro.tokyo.jp/13it/ictsbf.html

    ■2. 開催地:東京江東区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    Panasonic NPOサポート ファンド 「成果報告会」
    主催:パナソニック株式会社
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「Panasonic NPOサポート ファンド」の助成を受け、組織診断・組織基盤強化に
    取り組んだ団体が1年間の取り組みと成果を発表します。

    ・日時:子ども分野 2月19日(火)13:00〜18:00
    環境分野 2月26日(火)13:00〜18:00
    ・会場:パナソニックセンター東京 3階会議室4、5、6
    ・詳細:https://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/pnsf/presentation/nporeport_2019.html

    ■3. 開催地:東京都千代田区━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    平成30年度青少年の体験活動推進企業表彰 表彰式及びシンポジウム
    主催:文部科学省
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    文部科学省では、企業の社会貢献活動を通じた青少年の体験活動を推進。
    今年度の受賞企業の表彰式および、受賞企業の取組を題材に、青少年の体験活動を推進する
    企業の役割について考え、情報交換を行います。

    ・会場:文部科学省3階講堂
    ・日時:2月20日(水)15:00〜18:00 ※終了後、懇親会
    ・参加費:無料 ※懇親会は参加費1人1,500円(要・事前登録)
    ・詳 細:https://www.csr-award2019.jp/

    ■4. 開催地:東京都千代田区━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    第17回キラキラっとアートコンクール優秀賞作品展
    主催:三菱地所株式会社
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    障がいのある子どもたちの可能性を応援したい、との想いから2002年にスタートした
    絵画コンクール。全応募1,486作品から審査を経て選ばれた優秀賞50作品を展示します。
    子どもたちの感性にあふれた絵を通じて表現した世界をご鑑賞いただき、作者への
    メッセージもお寄せください。本コンクールをきっかけに社会福祉法人東京コロニーが
    運営するアートビリティ登録作家となった23名の作品も展示します。

    ・日時:2月21日(木)〜2月24日(日)11:00〜19:00
    ・会場:丸ビル1階マルキューブ
    ・参加費:無料
    ・詳細:https://kira-art.jp/


    ■5. 開催地:仙台市青葉区━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ドイツから学ぶワークライフバランスと地域スポーツ
    〜スポーツの普及を地域活性につなげる〜
    主催:一般社団法人コ・イノベーション研究所
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ドイツは成人の7割以上が週に1回スポーツ活動を実施し、国民の3人に1人が地域型
    総合スポーツクラブに登録する地域スポーツ大国。現地で障害者スポーツや地域スポーツを
    学んだ講師が実際の体験や調査をもとにドイツの社会的な背景も含め、最新の取り組みを
    紹介します。

    ・日時:2月23日(土)13:00〜15:00 ※終了後、懇親会(希望者のみ)
    ・講師:橋本 大佑 氏 (一般社団法人コ・イノベーション研究所)
    ・会場:仙台市戦災復興記念館 第二会議室
    ・参加費:前売1,620円(税込)/当日参加 2,000円(税込)※介助者の方は無料
    ・詳 細:http://www.coil.or.jp/2019/01/25/event_20190125/

    ■6. 開催地:大阪市北区━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    映画上映会「歌声にのった少年」&活動報告
    主催:特定非営利活動法人パレスチナ子どものキャンペーン
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    パレスチナ人シリア難民への支援を行なっている同団体による現地の活動報告と
    紛争の地ガザに生きる少年を描いた映画上映会を開催。

    ・日時:3月1日(金)18:00〜20:15
    ・会場:サクラファミリア カトリック大阪梅田教会4階会議室
    ・定員:70名(要・事前申込)
    ・参加費:大人1,000円 小人500円
    ・詳細:https://ccp-ngo.jp/news/2019/2019020616211.html

    ■7. 開催地:東京都港区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    第7回みちのく復興事業シンポジウム ―東北から、パラダイムシフト―
    主催:みちのく復興事業パートナーズ、NPO法人ETIC.
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    震災から8年となる3月にシンポジウムを開催。これからの社会における人々の幸福な
    生き方や産業の在り方と共に、東北で生まれた活動が示す「未来の兆し」について考察します。

    ・日時:3月5日(火)14:30〜17:00
    ・会場: 電通ホール
    ・定員:200名(要・事前申込)
    ・参加費:無料
    ・詳細:http://www.etic.or.jp/sympo190305/

    ■8. 開催地:東京都新宿区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「きく・かく・えがく〜東京のふるさと・自然公園〜」発表会
    主催:「きく・かく・えがく〜東京のふるさと・自然公園〜」実行委員会
    協賛:東京ガスグループ「森里海つなぐプロジェクト」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    昨年11月、都内の中学生が自然公園の広がる檜原村を2泊3日で訪ね、里山で働き、暮らし、
    自然との関わり方を熟知している「名人」の知恵や技術、生き方などについて「聞き書き」を
    行いました。発表会ではそれをもとにした「物語」をプロの影絵師・音楽家が上演します。

    ・日時:3月21日(木・祝) 13:00〜16:00
    ・場所:東京都庁 都民ホール (都議会議事堂1階)
    ・参加費:無料
    ・定員:100名
    ・協力:株式会社ベネッセコーポレーション 進研ゼミ中学講座
    ・詳細:http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/naturepark/join/kikukakuhappyo.html

    「きく・かく・えがく」について
    https://www.kikigaki-jr.net/img/moushikomi.pdf

    ◆募集
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    第71回「保健文化賞」募集中
    主催:第一生命保険株式会社
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    本賞は保健衛生の向上に取組む人々に感謝と敬意を捧げる賞として1950年に創設。
    保健衛生(関連する福祉等を含む)を実際に向上させた、あるいは向上に寄与する
    研究・発見をした団体・個人を顕彰し、表彰状・賞金等を贈呈します。

    ◆締切:4月15日(月)※当日消印有効
    ◆詳細:https://www.dai-ichi-life.co.jp/dsr/society/challenges/hoken02.html


    =====================================================================
    ◆バックナンバーはこちらから◆
    https://secure.philanthropy.or.jp/mm/backnumber.cgi
    =====================================================================
    ◆配信中止・アドレス変更◆
    アドレス変更
    https://secure.philanthropy.or.jp/mm/regist.html
    配信中止
    {DELURL}
    =====================================================================
    公益社団法人 日本フィランソロピー協会
    〒100-0004東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル244区
    TEL: 03-5205-7580 FAX: 03-5205-7585
    =====================================================================