2018/10/15 21:00:00
  • 公益社団法人日本フィランソロピー協会メールマガジン 2018-10-15

このメールマガジンは、日本フィランソロピー協会主催のイベントにご参加頂いた方、
および職員と名刺交換させて頂いた方にお送りしております。
ご不要の方は、お手数ですが本アドレスにご連絡頂くか、末尾にご案内するURLにて、
解除のお手続きをお願い申し上げます。

========公益社団法人日本フィランソロピー協会メールマガジン===
            https://www.philanthropy.or.jp/
              【毎月1日・15日発行】
=================2018-10-15============
地域は運動会シーズン。住まいの周辺でも週末ごとに、校庭や園庭から賑やかな
音楽と歓声が聞こえてきます。先日、息子が通う小学校でも運動会がありました。

癇癪持ちで大きな声を出したり物を投げたりして周囲を困らせていたA君が
リレーで快走して仲間と喜び合っていたり、いつも眠そうで反応が薄かったB君が
応援団で懸命にエールを送っていたり、怪我をして運動できないCちゃんが放送係
として会場をまとめていたり…
子どもたちの姿に、運動会にはさまざまな役割があり、みんなが行事を作る一員
だという意気込みを感じました。

日本の小学校の運動会は、競技での勝ち負けだけでなく、ルールを守ることや
力を合わせることなど社会生活の基本を学ぶ活動として海外からも注目され、
カンボジアの学校では「UNDOKAI」として導入しているとか。
2020年は東京オリンピック・パラリンピック。
「勝っても負けてもお互いの健闘を称え、学び合う」姿を、
国を超え互いの違いを超えて、世界中で共有できたら素敵だなあと思います。

さて、運動会には保護者競技もあり、子どもに負けじとトラックを走り綱を
引いてみましたがあえなく途中退場。
来年は別の役割で運動会をお手伝いしたいと思います。


(宮本 栄)

■ INDEX 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆日本フィランソロピー協会からのお知らせ
1. 第42回Stone Soup Club勉強会
 「フィリップス・グローバルのサーキュラーエコノミーへの取り組みを直に聞く」
2. 第349回定例セミナー 「障がい者雇用の促進と定着」
3. 第350回定例セミナー 「サステナビリティ経営を会計から捉える
                 〜『経済の時代』から『人間の時代』へ」
4. 第三回 寄付川柳
5. 企業の学校教育・青少年教育支援活動に関する調査

◆フィランソロピーニュース
1. ファンケル「ファンケル クラシック2018」3,821,283円を4団体に寄付
2. オムロン 株主優待制度を活用し「iPS細胞研究基金」へ寄付金を贈呈
3. トムソン・ロイター 多様性と受容性に富む世界の上位100社を発表

◆各地のイベント(開催日順)

1.【東京】HeForShe すべての人が輝く社会を目指して〜Generation Z からの提言〜
2.【東京】チャリティーコンサート 〜子どもたちの未来のために〜
3.【東京】「SHIBUYA AGER DAY #若者の働き方と起業を考える」
     シンポジウム「若者×オトナのしゃべり場」
4.【東京】 パナソニック創業100周年記念
    「クロスバリューイノベーションフォーラム2018」
     〜SDGsや企業市民活動に関するセミナーを開催〜
5.【東京】NPO支援サービス展示会  BUSINESS to NPO World 2018 <秋>
6.【福岡】国際シンポジウム「オリンピック・パラリンピックとジェンダー」
7.【岩手】2018年度(公財)日本女性学習財団 講師派遣事業
          ここで(地方で)どう生きるか、めざすわたしを探ろう!

======== 日本フィランソロピー協会からのお知らせ ========
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 第42回Stone Soup Club勉強会
 「フィリップス・グローバルのサーキュラーエコノミーへの取り組みを直に聞く」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当協会の会員企業である株式会社フィリップスジャパン様のご厚意により、グローバルの
フィリップスグループのサステナビリティ責任者の来日に際し、サーキュラーエコノミー
(循環型経済)型ビジネスへの同社の取組みや、欧州を中心とした動向をご紹介頂きます。
※企業のCSR担当の方、またCSR担当でなくとも企業で関心のある方を対象にしたセミナーです。

・日時:10月25日(木)16:00〜17:30
・会場:株式会社フィリップス・ジャパン本社 5F Canteen(カフェテリア)
・講師:
Mr. Harald Tipper, Senior Director, Group Sustainability, Royal Philips
Mr. Markus Laubscher, Sustainability Professional
(Circular Economy & Transformation), Royal Philips
※通訳つき

詳細・お申し込み:https://www.philanthropy.or.jp/ssc/042/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2. 第349回 定例セミナー 「障がい者雇用の促進と定着」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
障がい者雇用率が引き上げられる中、様々な工夫をしながら企業における障がい者雇用の
促進と定着に取り組んできた方々のお話を伺い、ディスカッションで理解を深めます。

・日時:10月29日(月)16:00〜18:00
・会場:フィリップ モリス ジャパン合同会社 会議室
・講師:
株式会社キユーピーあい 代表取締役社長 中林 良則 氏
ソフトバンク株式会社人事総務統括CSR統括部CSR部 CSR1課 課長 木村幸絵 氏
NPO法人 障がい者就業・雇用支援センター 理事長 秦 政 氏

詳細・お申し込み:https://www.philanthropy.or.jp/seminar/349/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.第350回定例セミナー 「サステナビリティ経営を会計から捉える
                 〜 『経済の時代』から『人間の時代』へ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
環境会計の分野を代表する研究者である國部克彦氏をお迎えし、会計の視点から、
企業のサステナビリティやCSRを考えます。環境問題をはじめとして、経済の行き過ぎた
発展が様々な社会課題を生んでいる現在、多様なステークホールダーの視点を経営の
評価基準に取り入れる制度設計などについて、学びを深めます。

・日時:11月15日(木)16:00〜18:00
・会場:株式会社丹青社 会議室
・講師:國部 克彦 氏 神戸大学大学院経営学研究科 教授

詳細・お申し込み:http://www.philanthropy.or.jp/seminar/350/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4. 第三回寄付川柳
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「寄付」は、温もりと活力ある社会づくりに欠かせない大切なお金。「寄付」に
まつわる川柳を募集します。やさしさとユーモアにあふれる一句をお待ちしています。

・募集期間:11月1日(木)〜2019年1月15日(火)※消印有効
・参加費:1,000円(2句まで) 但し、18歳以下は無料。
・応募方法:はがき・封書または専用フォームでご応募ください。

詳細・専用フォーム:https://www.philanthropy.or.jp/kifusenryu/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5. 企業の学校教育・青少年教育支援活動に関する調査
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
当協会は、学校と企業がともに力を出し合うためには、まずは、お互いを知り
歩み寄っていくための情報と機会が必要と考え、このたび、企業が実施する
学校教育・青少年教育支援活動に関する調査を行なうこととしました。

調査結果につきましては、事例集の作成やセミナー実施など次世代教育のための
学校・企業連携を促進する事業に役立てて参ります。
趣旨をご理解の上、ぜひ調査にご協力ください。

・調査締切:11月9日(金)

詳細:https://www.philanthropy.or.jp/enquete/201809/

============ フィランソロピーニュース ===========

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.ファンケル「ファンケル クラシック2018」3,821,283円を4団体に寄付
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社ファンケルは、PGAシニアツアー「ファンケル クラシック」の
チャリティ活動で集まった総額3,821,283円を、『ファンケル クラシック基金』を
通じて「日本赤十字社(平成30年7月豪雨災害義援金)」と「静岡県裾野市」、
「社会福祉法人 訪問の家」、「国連WFP」の4団体に全額寄付しました。
同大会では、第1回より収益金の一部を開催地である裾野市などへ寄付。
2007年には地域社会への貢献活動をさらに充実させるために
『ファンケル クラシック基金』を設立。

・ニュースリリースはこちら↓
https://www.fancl.jp/news/pdf/20180928_fanclclassic2018kikinhoukoku.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2. オムロン「iPS細胞研究基金」としては初となる
  株主優待制度を活用した寄付金を贈呈
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
オムロン株式会社は、株主優待制度を通じて募った寄付金5,666,000円を
京都大学基金「iPS細胞研究基金」に寄付しました。同基金はiPS細胞研究の
成果を社会に還元するため、研究の加速化を図ることを目的に2009年4月に
京都大学基金の中に創設。株主優待制度を通じた寄付は、同基金としては初。

・ニュースリリースはこちら↓
https://www.omron.co.jp/press/2018/09/c0927.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3. トムソン・ロイター 多様性と受容性に富む世界の上位100社を発表
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トムソン・ロイターは、ダイバーシティ&インクルージョン・インデックスで
ランク付けされた2018年の世界で最も多様性と受容性を備えた企業の上位100社を発表。
アジア・太平洋地域では、上位100社の中に19社が入り、日本企業は4社で、
最も上位だったのは24位の花王。このほか、三井物産が52位、ソニーが80位となったほか、
東芝が88位で初めてランク入りしました。

・ニュースリリースはこちら↓
https://kyodonewsprwire.jp/release/201809107735

=============各地のイベント(開催日順)==========

■1. 開催地:東京都渋谷区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第2回 HeForShe すべての人が輝く社会を目指して〜Generation Z からの提言〜
主催:UN Women日本事務所 株式会社資生堂
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
UN Womenと株式会社資生堂が連携して実施している啓発プログラムの参加者である
高校生・大学生がジェンダー課題を解決するために当事者として自ら考えた提言や
具体的なアクションプランを届けるイベント。

・日時:10月20日(土)13:00〜17:00
・会場:国連大学
・参加費:無料
・締切:10月19日(金)
・詳細:http://heforshe.info/form/

■2. 開催地:東京都千代田区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
チャリティーコンサート 〜子どもたちの未来のために〜
主催:ティツィアーナ・ドゥカーティ後援会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
一流のアーティストによるコンサートの収益は子どもたちのための相談を
受け付けている特定非営利活動法人チャイルドライン支援センターに寄付されます。

・日時:10月26日(金) 開場 18:30 開演 19:00
・会場:紀尾井ホール(千代田区紀尾井町6番5号)
・参加費:一般 5,000円 / 学生2,000円(全席自由席)
・詳細:https://childline.or.jp/news20181015

■3. 開催地:東京都渋谷区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「SHIBYA AGER DAY #若者の働き方と起業を考える」
シンポジウム「若者×オトナのしゃべり場」
主催:日本アムウェイ合同会社 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
多様な働き方について考えるイベント「SHIBUYA AGER DAY #若者の働き方と起業を考える」
にて、シンポジウム「若者×オトナのしゃべり場」を開催。アムウェイ・グローバル起業家
精神調査レポートの発表のほか、“大人代表ゲスト”と、“若者代表ゲスト”を迎えて、
「どんな働き方がしたいか」「就職と起業の現状」などをディスカッションします。

・日時:10月29日(月)16:00〜19:00
・会場:ベルサール渋谷ガーデン 1F HALL
・定員:470名(応募者多数の場合は抽選)
・締切:10月22日(月) 23時59分
・詳細:https://www.mainichi-ks.jp/form/oubo1029/


■4.開催地:東京都千代田区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Panasonic 創業100周年記念「クロスバリューイノベーションフォーラム2018」
主催:パナソニック株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
パナソニック(株)の100周年を記念して開催する「クロスバリューイノベーションフォーラム
2018」の中で、SDGsや企業市民活動に関するセミナーを開催。

・場所:東京国際フォーラム
・日時・内容: 
10月30日(火)16:30〜17:50「リーダーズセッション」
 日本企業によるSDGsへの取り組み〜SDGsでチャンスをつかみイノベーションを生み出す〜
 11月2日(金)
「セミナー1」10:45〜12:00
 途上国の最前線で動くキーマンが描く、持続的な共生社会実現へのチャレンジ
  〜電気のない地域に、電気を届ける社会的意義とは?〜
「セミナー2」12:30〜13:30
 企業市民活動の効果をどう測るか〜NPOの組織基盤強化助成の社会的インパクト測定の試み〜
「セミナー3」14:00〜15:00
 社員食堂からSDGs達成に貢献〜サステナブル・シーフードを社食に導入する意義・手法〜

・詳細:
https://www.panasonic.com/jp/corporate/sustainability/citizenship/forum.html#seminar02

■5. 開催地:東京都港区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NPO支援サービス展示会   BUSINESS to NPO World 2018 <秋>
主催:特定非営利活動法人NPOサポートセンター
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ファンドレイジング、人材獲得、組織運営、マーケティング、広報、制作物のデザイン、
事業の評価、事務局業務(会計、勤怠、請求・入金 etc)のNPO支援サービスが集結する
展示会。NPOに選ばれ続けているサービス、最新の業界サービス、2018年話題の業務改革を
解決に導く35社以上のNPO支援サービスが出展します。

・日時:11月13日(火)13:00〜19:00
・会場:日本財団ビル
・参加費:無料
・詳細:http://npo-sc.org/main/event/event-1310/

■6. 開催地:福岡県北九州市 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国際シンポジウム「オリンピック・パラリンピックとジェンダー」
主催:公益財団法人アジア女性交流・研究フォーラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの「運営計画」や「持続可能性に配慮した調達コード」、
「オリンピック憲章」のジェンダ一平等や女性のエンパワーメントの視点から、私たち一人ひとりが
参加できる行動を考えます。

・日時:11月17日(土)13:00〜16:00
・会場:北九州市立男女共同参画センター・ムーブ 5階大セミナールーム
・参加費:無料
・詳細:https://www.nvc.pref.fukuoka.lg.jp/events/detail/2696

■7. 開催地:岩手県盛岡市 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ここで(地方で)どう生きるか、めざすわたしを探ろう!
主催:特定非営利活動法人インクルいわて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
仕事だけでなく、地域活動なども含めた女性のキャリア形成について、講師の話と
ワークショップを通じて一緒に考えます。(2018年度日本女性学習財団 講師派遣事業)

・日時:11月25日(日)13:00〜15:30
・会場:いわて県民情報交流センター6階 団体活動室
・参加費:500円
・定員:20人(先着順)
・締切:11月20日(火)
・詳細:http://www.jawe2011.jp/career/career2018.html#event20181125_iwate

=====================================================================
◆バックナンバーはこちらから◆
https://secure.philanthropy.or.jp/mm/backnumber.cgi
=====================================================================
◆配信中止・アドレス変更◆
アドレス変更
https://secure.philanthropy.or.jp/mm/regist.html
配信中止
{DELURL}
=====================================================================
公益社団法人 日本フィランソロピー協会
〒100-0004東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル244区
TEL: 03-5205-7580 FAX: 03-5205-7585
URL: http://www.philanthropy.or.jp
=====================================================================