日付一覧

  • 2019/01/15 19:45:00
  • 2019/01/01 12:00:00
  • 2018/12/15 18:15:00
  • 2018/12/01 09:00:00
  • 2018/11/15 21:45:00
  • 2018/11/01 19:15:00
  • 2018/10/15 21:00:00
  • 2018/10/01 17:00:00
  • 2018/09/15 12:00:00
  • 2018/09/01 15:00:00
  • 2018/08/15 17:00:00
  • 2018/08/01 19:15:00
  • 2018/07/15 11:00:00
  • 2018/07/01 19:00:00
  • 2018/06/15 22:00:00
  • 2018/06/01 20:30:00
  • 2018/05/15 17:00:00
  • 2018/05/01 14:00:00
  • 2018/04/15 18:00:00
  • 2018/04/01 16:30:00
  • 2018/03/23 18:48:08
  • 2018/03/15 22:30:00
  • 2018/03/01 21:00:00
  • 2018/02/23 11:09:39
  • 2018/02/21 11:15:00
  • 2018/02/20 19:58:19
  • 2018/02/19 16:30:00
  • 2018/02/15 15:00:00
  • 2018/02/01 18:00:00
  • 2018/01/15 15:00:00
  • 2018/01/01 12:00:00
  • 2017/12/15 22:30:00
  • 2017/12/01 16:30:00
  • 2017/11/15 20:45:00
  • 2017/11/07 10:13:54
  • 2017/11/01 12:00:00
  • 2017/10/15 17:00:00
  • 2017/10/01 17:00:00
  • 2017/09/15 15:00:00
  • 2017/09/01 23:15:00
  • 2017/08/24 14:29:06
  • 2017/08/15 10:27:11
  • 2017/08/01 20:00:00
  • 2017/07/21 10:19:54
  • 2017/07/15 09:00:00
  • 2017/07/01 15:00:00
  • 2017/06/15 15:00:00
  • 2017/06/01 19:30:00
  • 2017/05/15 16:45:00
  • 2017/05/01 16:30:00
  • 2017/04/24 17:16:05
  • 2017/04/15 15:30:00
  • 2017/04/01 16:00:00
  • 2017/03/15 13:33:30
  • 2017/03/01 15:00:00
  • 2017/02/15 21:00:00
  • 2017/02/15 14:28:44
  • 2017/02/15 14:27:22
  • 2017/02/15 14:25:42
  • 2017/01/31 13:59:31
  • 2017/01/31 13:58:32
  • 2017/01/31 13:57:24
  • 2017/01/31 13:56:45
  • 2017/01/31 13:56:09
  • 2017/01/31 13:55:22
  • 2017/01/31 13:54:43
  • 2017/01/31 13:54:01
  • 2017/01/31 13:53:16
  • 2017/01/31 13:52:32
  • 2017/01/31 13:51:51
  • 2017/01/31 13:51:11
  • 2017/01/31 13:50:31
  • 2017/01/31 13:49:48
  • 2017/01/31 13:48:58
  • 2017/01/31 13:48:17
  • 2017/01/31 13:47:26
  • 2017/01/31 13:46:31
  • 2017/01/31 13:45:27
  • 2017/01/31 13:44:44
  • 2017/01/31 13:43:49
  • 2017/01/31 13:42:52
  • 2017/01/31 13:41:12
  • 2017/01/31 13:39:35
  • 2016/10/13 15:14:32
  • 2017/02/15 21:00:00
    • 公益社団法人日本フィランソロピー協会メールマガジン 2017-02-15

    このメールマガジンは、日本フィランソロピー協会主催のイベントにご参加頂いた方、
    および職員と名刺交換させて頂いた方にお送りしております。
    ご不要の方は、お手数ですが本アドレスにご連絡頂くか、末尾にご案内するURLにて、
    解除のお手続きをお願い申し上げます。

    =======公益社団法人日本フィランソロピー協会メールマガジン======
    http://www.philanthropy.or.jp/
    【毎月1日・15日発行】
    =================2017-02-15================

    2月14日火曜日に、当協会の「第14回企業フィランソロピー大賞」贈呈式がありました。
    ご参加くださった受賞企業様、ご来場くださった皆様に心より御礼申し上げます。

    贈呈式では、表彰状贈呈ののち、各活動内容のプレゼンテーションが披露されました。
    登壇なさった企業の皆様からは、活動の経緯と状況が紹介され、それぞれの社会貢献
    活動にかける本気度に圧倒。企業の持ち味を活かし、優れた社会貢献活動を推進する、
    このような企業が増えていけば、日本ももっと元気になるに違いないと、心が熱くな
    りました。
    帰り際に、参加された方から「聞いているこちらが、元気になりました」との声をい
    ただき、企業の皆様の、それぞれによりよい社会を「思い」、活動する頼もしい姿を
    見せていただいた贈呈式となりました。

    【大賞】
     株式会社りそなホールディングス
    【各賞】
    「育てよう 大地とともに賞」株式会社ストライプインターナショナル   
    「水と創る企業市民賞」TOTO株式会社
    「希望のコミュニティ賞」日本アムウェイ合同会社
    「インクルーシブ スイーツ賞」株式会社パレスエンタープライズ パレスホテル大宮

    ※「第14回企業フィランソロピー大賞」の詳細については以下をご参照ください。
    http://www.philanthropy.or.jp/award/14/

    (近藤尚子)

    ■ INDEX =================================

    ◆日本フィランソロピー協会からのお知らせ
    ・連載「経営者が語る創業イノベーション」
     株式会社富士メガネ 代表取締役会長・社長兼任 金井昭雄氏インタビュー掲載開始
    ・第327回 定例セミナー(2月21日)
     「社員参加型の社会貢献〜社内募金・マッチングギフトにおける工夫〜」
    ・シンポジウムと研修プラグラム
     「子どもの貧困支援ボランティアを通じた人間力の強化」
     【大阪開催】(2月27日)【東京開催】(3月1日・15日)
    ・第24回 フィランソロピーセミナー【大阪開催】(3月10日)
     「CSRの最新トレンド〜SDG's時代の企業責任」
    ・サービス・ラーニングを考える 社会貢献学習シンポジウム(3月18日)
    活動あって学びあり!の社会貢献学習へ
     〜募金・寄付を核にした「サービス・ラーニング」の可能性〜
    ・第328回 定例セミナー(3月21日)
     「人材育成に資する社会貢献活動の戦略的可能性」

    ◆フィランソロピーニュース
    1. アフラック バレンタイン献血を継続して今年で23年目
    2.「復興応援 キリン絆プロジェクト」熊本支援
     『世界文化遺産』を目指す阿蘇エリア草原再生プロジェクトを応援
    3. パナソニック 「パラリンピック」をテーマに中高生向けの教育ツール開発
    4. 日本郵船 アジア6ヵ国にリサイクル柔道畳を無償輸送

    ◆各地のイベント
    1.【東京】東日本大震災から6年。
         地域の復興に向けた企業とNPOのこれまでとこれから
    2.【東京】CSV経営・健康経営時代の「企業×森林」フォーラム開催
    3.【神奈川】子供の貧困対策支援 マッチング・フォーラム in 横浜
    4.【東京】企業とNPOの連携の可能性を広げるセミナー
    「企業×NPOによるイノベーションの今と未来」
    5.【東京】社会貢献教育オープンシンポジウム2017
    6.【宮城】エルパーク仙台30周年記念イベント「さあ、その先へ!」
    7.【兵庫】アジア子ども絵日記フェスタ パネル展
    8.【埼玉】ブラインドサッカー国際親善試合 さいたまノーマライゼーションカップ

    ◆募集
    1. 第一生命保険株式会社 第69回「保健文化賞」


    =========日本フィランソロピー協会からのお知らせ==========

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    連載「経営者が語る創業イノベーション」
    株式会社富士メガネ 代表取締役会長・社長兼任 金井 昭雄氏インタビュー掲載開始
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    社会課題にチャレンジしている企業経営者の方々に、創業の精神に立ち返りつつ、経
    営者としての生きざまと思想に触れながらお話を伺い、これからの社会における企業
    の使命と可能性について考えるインタビューシリーズを連載しています。
    第五回目として、30年以上に渡り国連難民高等弁務官事務所と協働し、難民視力支援
    活動を続ける株式会社富士メガネ 代表取締役会長・社長兼任 金井 昭雄氏のインタ
    ビューが2月15日から始まります。

    ■掲載協力:アミタ株式会社
    ■記事リンク: http://www.csr-japan.jp/archives/special/fujimegane001/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    第327回 定例セミナー
    「社員参加型の社会貢献〜社内募金・マッチングギフトにおける工夫〜」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    社員参加型の寄付活動をテーマに、企業が社員と一緒に行なう社会貢献として「マッ
    チングギフト」にも取り組んでいらっしゃる企業にご登壇いただきます。各社の取り
    組みについての事例紹介のあと、参加率を高めるための工夫など、多くの企業の共通
    の課題について、ともに考える場といたします。

    ■登壇者:伊藤 春香 氏 
        (アフラック 広報部 社会公共活動推進課長)
         瓜生 振一郎 氏
    (三菱重工業株式会社グループ戦略推進室広報部CSRグループグループ長)
    ■日時 :2月21日(火)16:00〜18:00(15:30 開場)
    ■会場 :味の素株式会社 B棟21号 会議室
    ■参加費:当協会会員2,000円/一般5,000円/学生1,000円
    ■詳細 :http://www.philanthropy.or.jp/seminar/327/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    シンポジウムと研修プラグラム【大阪開催】【東京開催】
    「子どもの貧困支援ボランティアを通じた人間力の強化」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    昨今「子どもの貧困」をはじめ、子どもに関する様々な社会課題が溢れています。
    そんな中で、「子どもに関する課題解決のために何ができるか?」と考えておられる
    企業の方々に多くお会いしますが、子どもたちの実態、コミュニケーションの取り方、
    留意点などが不明で、一歩踏み出すことへの躊躇も、同時に耳にいたします。
    そこで、家庭力・教育力・地域力が低下する中、企業の社員の皆様はじめ、普通の大
    人が、地域の中で子どもに寄り添い、手を差し伸べ、見守ることが重要と考え、そう
    した方々に向けたシンポジウムを大阪で、研修プログラムを東京で開催いたします。
    ご参加を心よりお待ち申し上げております。

    【大阪開催】シンポジウム
    ■講演者:田中 康之氏
    (株式会社リンクアンドモチベーション フェロー)
         前野 隆司氏
    (慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)
    ■日時 :2月27日(月) 14:30〜17:00(14:00 受付開始)
    ■会場 :AP大阪駅前梅田1丁目(大阪市北区)
    ■参加費:無料
    ■詳細 :http://www.philanthropy.or.jp/poverty/20170227/

    【東京開催】研修
    ■講演者:松田 雄年 氏
        (児童養護施設 東京家庭学校 施設長)
         前野 隆司氏
    (慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)
    ■日時 :3月1日(水) 18:30〜21:00(18:00 受付開始)
    ■会場 :AP東京丸の内 ルームE(東京都千代田区)
    ■参加費:無料
    ■詳細 :http://www.philanthropy.or.jp/poverty/20170301/

    【東京開催】研修
    ■講演者:小河 光治 氏
        (公益財団法人あすのば 代表理事)
         前野 隆司氏
    (慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)
    ■日時 :3月15日(水) 18:30〜21:00(18:00 受付開始)
    ■会場 :TKP新橋汐留ビジネスセンター ホール401(東京都港区)
    ■参加費:無料
    ■詳細 :http://www.philanthropy.or.jp/poverty/20170315/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    第24回 フィランソロピーセミナー【大阪開催】
    「CSRの最新トレンド〜SDG's時代の企業責任」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    新年度に向けて、CSRの長期計画や経営活動との統合について策定されているご担当
    者も多いのではないでしょうか。そこでCSRの最新動向と、SDGs の目指す社会に向け
    た企業の責任と役割について、昨年SDGsやCOP21(パリ協定)などの国際社会の動向
    を踏まえて、CSRの重点課題を見直された損害保険ジャパン日本興亜株式会社の関様
    より、背景やプロセス、今後の展開についてお話しいただきます。
    今後のCSRの在り方を考える上でのヒントにしていただければ幸いです。

    ■登壇者:関 正雄 氏
        (損害保険ジャパン日本興亜株式会社 CSR室 シニアアドバイザー)
    ■日時 :3月10日(金) 16:00〜18:00 (15:30 開場)
    ■会場 :阪急電鉄本社ビル 1階 エコルテホール(大阪市北区)
    ■参加費:当協会会員2,000円/一般3,000円/学生1,000円
    ■詳細 :http://www.philanthropy.or.jp/seminar/024/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    サービス・ラーニングを考える 社会貢献学習シンポジウム
    活動あって学びあり!の社会貢献学習へ
    〜募金・寄付を核にした「サービス・ラーニング」の可能性〜
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「サービス・ラーニング」は、知識と社会貢献活動を融合させ「市民性」「社会参画
    意識」を育む教育法として、米国の多くの小中学校等で導入されています。
    米国における教育効果と課題、日本で実践する意義と可能性について考えます。

    ■講演者:唐木 清志 先生(筑波大学 人間系准教授)
         クリスティン・クレス 先生(ポートランド州立大学 教授)
    ■日時 :3月18日(土) 13:00〜17:00 (12:30 開場)
    ■会場 :ベルサール神保町(東京都千代田)
    ■参加費:1,000円 ※懇親会は別途実費4,000円(ご希望の方のみ)
    ■定員 :70名
    ■詳細 :http://www.philanthropy.or.jp/kifuiku/20170318/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    第328回 定例セミナー
    「人材育成に資する社会貢献活動の戦略的可能性」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    一般的に社会貢献活動は人材育成にも役立つと言われていますが、今回のセミナーで
    は、それをさらに戦略的に企業の人材育成に活かす可能性について考えます。
    新入社員研修などの人材育成プログラムの中で社会貢献活動を取り入れていらっしゃ
    る2社にご登壇いただき、社会貢献活動を人事研修に取り入れた意図、人事担当と社会
    貢献担当との協働のプロセス、より効果的な研修プログラムにするための工夫など事
    例紹介をいただきます。

    ■講師 :伊藤 佐和 氏(ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ 
                社会貢献委員会 マネジャー)
         広瀬 雄樹 氏 
         (積水ハウス株式会社 コーポレート・コミュニケーション部  CSR室長)
    ■日時 :3月21日(火)16:00〜18:00(15:30開場)
    ■会場 :明治安田生命保険相互会社 明治安田生命ビル4階 MYプラザ会議室 7
         (東京都千代田区丸の内2-1-1)
    ■参加費:当協会会員2,000円/一般5,000円/学生1,000円
    ■詳細:http://www.philanthropy.or.jp/seminar/328/


    ===========  フィランソロピーニュース  ============

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    1. アフラック バレンタイン献血を継続して今年で23年目
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    アフラックは、毎年2月を「バレンタイン献血月間」として、全国各地で献血ボランテ
    ィア活動を行っています。この活動は、1995年の阪神淡路大震災への支援活動として
    始まり、今年で23年目。冬季、特に2月の風邪やインフルエンザの流行で、全国的に
    献血者が減ってしまう時期に、「多くの人に『愛』を贈ろう!」と継続的に取り組ん
    でいます。恒例のボランティア活動であり、販売代理店組織「アフラック全国アソシ
    エイツ会」と共同で、昨年は1500人、累計で2万4000人以上の関係者が参加しています。

    本件に関するニュースリリースはこちら↓
    http://www.aflac.co.jp/news_pdf/20170126.pdf

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2.「復興応援 キリン絆プロジェクト」熊本支援
     『世界文化遺産』を目指す阿蘇エリア草原再生プロジェクトを応援
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    キリン株式会社は熊本地震の創造的復興に向けて、2016年12月に、熊本県、公益財団
    法人日本財団と「『復興応援 キリン絆プロジェクト』熊本支援」に関する包括支援
    協定を締結。その第1弾として、阿蘇市と南阿蘇村の草原を管理する3つの牧野組合に、
    それぞれ150万円、総額450万円を、「『世界文化遺産』を目指す阿蘇エリア草原再生
    プロジェクト」への支援金として助成しました。
    震災により大きな損害を受けた牧野の草原景観の保全のために、牧野道の早期補修の
    実施や、輪地切り(野焼きの際の防火帯のこと)、防火帯の整備、野焼きの再開など
    に活用されます。

    本件に関するニュースリリースはこちら↓
    http://www.kirin.co.jp/company/news/2017/0207_01.html

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    3. パナソニック「パラリンピック」をテーマに中高生向けの教育ツール開発、提供
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    パナソニック株式会社は、「パラリンピック」をテーマに、中学生、高校生向けの教
    育プログラム『多様性と共生社会〜インクルーシブな社会を考える』を開発。2017年
    4月より、年間300校を目標に教材の提供を始めます。
    当プログラムは、独自の学習教材「オリンピックとパラリンピックを題材とした教育
    プログラム」全5点のうちの4番目。中学校や高校の「総合」や「道徳」「特別活動」
    と関連した授業を想定し、生徒たちの「パラリンピック」に対する興味・関心を高め、
    「共生社会の実現に向けて、自らが実践できることは何か」を考える内容となってい
    ます。

    本件に関するニュースリリースはこちら↓
    http://news.panasonic.com/jp/topics/151465.html

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    4. 日本郵船 アジア6ヵ国にリサイクル柔道畳を無償輸送
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    日本郵船グループは公益社団法人全日本柔道連盟によるリサイクル柔道畳を供与する
    国際貢献事業に賛同し、アジアの6ヵ国(インドネシア・カンボジア・パキスタン・バ
    ングラデシュ・フィリピン・マレーシア)に向け850枚を超える柔道畳の海上無償輸送
    を実施。柔道畳は、日本政府の国際貢献事業「Sport for Tomorrow」(※)のもと、
    東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた練習環境を整備するために
    使用されます。
    ※Sport for Tomorrow
    東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催までに、官民連携のもと開発途上国
    を中心とした100カ国・1000万人を対象に推進されるスポーツ国際貢献事業のこと。

    本件に関するニュースリリースはこちら↓
    http://www.nyk.com/release/4732/004767.html


    =============各地のイベント(開催日順)============

    ■1. 開催地:宮城県気仙沼市・女川町 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    東日本大震災から6年。
    地域の復興に向けた企業とNPOのこれまでとこれから ダイアローグ・セッション
    主催:宮城県 環境生活部 共同参画社会推進課
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    震災から6年が経過するものの、解決すべき地域の復興課題は未だ多く、復興の大き
    な担い手であるNPOは、財源の減少に伴い活動の継続が大きな課題となっている。
    NPOと企業の協働による地域課題解決のさらなる促進を目指し、NPOと企業の取組を
    振り返り、これからの在り方を議論する円卓会議が開催される。

    【気仙沼セッション】
    ・日時:2月17日(金)15:00〜18:00
    ・会場:K-port 

    【女川セッション】
    ・日時 :3月3日(金)13:30〜17:00
    ・会場 :女川フューチャーセンターCamass 

    ・対象者:地域復興に取り組む企業・NPO・行政担当者、テーマにご関心のある方
    ・定員 :40名

    ・詳細 :http://www.renpuku.org/notice/5012/

    ■2. 開催地:東京都千代田区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    CSV経営・健康経営時代の「企業×森林」フォーラム
    〜 森と人と地域を元気にする、新時代の「企業の森づくり」〜開催
    主催:美しい森林づくり全国推進会議、(公社)国土緑化推進機構
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    地球規模の環境問題が顕在化する中で、企業において、社会的課題の解決に取り組む
    「CSV経営」が指向されている。また同時に社員の心と体の健康づくりを重視した
    「健康経営」が求められ、森林を活用した健康づくりや教育研修への関心が芽生えつ
    つある。企業が森林を多角的に活用した新たな「企業の森づくり」のあり方を議論す
    るために、「企業×森林」フォーラムが開催される。

    ・日時 :2月27日(月) 15:00〜18:00
    ・会場 :砂防会館別館大会議室「木曽」
    ・参加費:無料
    ・定員 :150名
    ・詳細 :http://mori-zukuri.jp/kigyou-morizukuri-forum2017

    ■3. 開催地:横浜市 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    子供の貧困対策支援 マッチング・フォーラム in 横浜
    主催:内閣府
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    子供の未来応援国民運動の更なる推進を図るため、企業、NPO等の団体、地方自治体、
    関心のある方々を対象に、子供の貧困対策マッチング・フォーラムを開催。「子供の
    貧困問題について何ができるのか」について、一緒に考える機会とする。

    ・日時 :3月2日(木) 14:00〜17:50 (開場 13:30)
    ・会場 :横浜情報文化センター( 情文ホール)
    ・定員 :200名
    ・申込締切:2月23日(木)17: 00  ※定員に満たない場合、随時受付可能 
    ・詳細 :http://www8.cao.go.jp/kodomonohinkon/forum/h29_forum.html

    ■4.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企業とNPOの連携の可能性を広げるセミナー
    「企業×NPOによるイノベーションの今と未来」企業とNPOの共創事例をご紹介します!
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企業とNPOによる共創事例を通じて企業×NPOのイノベーションの今と未来の可能性を
    探る。あわせて、企業×NPOの共創を加速させるマッチングプラットフォーム
    「Co-creAction」より、「Co-creAction Award 2017」の授賞式を開催する!

    ・講演者:小野村学
    (スタディサプリを手がけるリクルートマーケティングパートナーズ)
         工藤啓(育て上げネット)、清輔夏輝(チャリティーサンタ)
    ・日時 :3月4日(土) 15:00〜17:30
    ・会場 :3×3 Lab Future
    ・対象 :イノベーションの起こし方にヒントを得たい企業の方、
    企業との連携について新しい視点を得たいNPOの方
    ・参加費:2,000円(懇親会費含む)
    ・詳細 :http://cca2017.peatix.com

    ■5. 開催地:東京都江東区  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    社会貢献教育オープンシンポジウム2017
    主催:日本ファンドレイジング協会
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    子どもたちが自らの価値観で選択でき、社会にとってかけがえのない存在であること
    に気づくことができる「社会貢献教育」。
    日本と世界のさまざまな事例から「社会貢献教育」の可能性を考える。

    ・日時 :3月18日(土)15:30〜18:40(受付開始 15:00)
    ・会場 :芝浦工業大学 豊洲キャンパス 交流棟6階 大講義室
    ・定員 :150名
    ・参加費:2,160円
    ・申込締切:2月28日(火)
    ・詳細 :http://jfra.jp/ltg2017/

    ■6. 開催地:仙台市  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    エルパーク仙台30周年記念イベント「さあ、その先へ!」
    主催:公益財団法人 せんだい男女共同参画財団
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    1987年3月20日、時代の風と女性たちの思いに後押しされてオープンしたエル・パー
    ク仙台は、この日30周年を迎える。女性のエンパワメントの拠点として、市民と共に
    歩み続けた足跡を振り返り、これからの展望を描く一日。さらなる一歩を共に。

    ・日時 :3月20日(月・祝)
         映画(10:30〜12:30)トーク(13:30〜15:00)交流会(15:10〜16:10)
    ・会場 :仙台市男女共同参画推進センター エル・パーク仙台
    ・定員 :映画(150 名)、トーク(150 名)、交流会(100 名)
    ・参加費:映画とトークは無料、交流会は500円
    ・申込締切:3月10日(金)
    ・詳細 :http://www.sendai-l.jp/

    ■7. 開催地:神戸市  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    アジア子ども絵日記フェスタ パネル展
    主催:公益財団法人 兵庫県国際交流協会
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    アジアの国と地域の、6歳から12歳までの子どもたちに呼びかけ「絵日記」を集めた
    「アジア子ども絵日記フェスタ」。第12期(2015年-2016年)の応募作品の中からグ
    ランプリ作品をパネル展示。すばらしい自然や文化、習慣、伝統など、毎日の生活を
    表現している。

    ・日時 :2月23日(木)〜3月16日(木)10:30〜18:30
    ・会場 :兵庫県国際交流協会 交流ギャラリー
    ・参加費 :無料
    ・詳細 :http://www.hyogo-ip.or.jp/plaza/modtreepage01_7092/index.html#section23072

    ■8. 開催地:さいたま市  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ブラインドサッカー国際親善試合 さいたま市ノーマライゼーションカップ
    主催:さいたま市、特定非営利活動法人日本ブラインドサッカー協会
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    障がいの有無に関わらず、誰もが同じフィールドに立つことができるスポーツ「ブラ
    インドサッカー」。 障がい者と健常者が、それぞれの個性を活かし協力しあって、
    ゴールを目指す。リオ・パラリンピックで大会4連覇を達成し、世界王者に君臨する
    ブラジル代表に、日本代表が対戦する。

    ・日時 :3月20日(月・祝)11時30分(開場)14時00分(キックオフ)
    ・会場 :フットメッセ大宮
    ・参加費 :無料
    ・詳細 :http://normalizationcup.b-soccer.jp/


    =================募集===================

    ■募集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    第一生命保険株式会社 第69回「保健文化賞」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    本賞は保健衛生の向上に取組む人々に感謝と敬意を捧げる賞として1950年に創設。保
    健衛生(関連する福祉等を含む)を実際に向上させた、あるいは向上に寄与する研究
    ・発見をした団体・個人を顕彰し、表彰状・賞金等を贈呈する。これまでの受賞総数
    は1千件を超えており、受賞者は例年天皇皇后両陛下拝謁の栄に浴している。

    ・募集期間:2月1日(水)〜4月17日(月)※当日消印有効
    ・詳細:http://www.dai-ichi-life.co.jp/dsr/society/challenges/hoken02.html


    ============================================================================
    ◆バックナンバーはこちらから◆
    https://secure.philanthropy.or.jp/mm/backnumber.cgi
    ============================================================================
    ◆配信中止・アドレス変更◆
    アドレス変更
    https://secure.philanthropy.or.jp/mm/regist.html
    配信中止
    {DELURL}
    ============================================================================
    公益社団法人 日本フィランソロピー協会
    〒100-0004東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル244区
    TEL: 03-5205-7580 FAX: 03-5205-7585
    URL: http://www.philanthropy.or.jp
    ============================================================================