2017/09/15 15:00:00
  • 公益社団法人日本フィランソロピー協会メールマガジン 2017-09-15

このメールマガジンは、日本フィランソロピー協会主催のイベントにご参加頂いた方、
および職員と名刺交換させて頂いた方にお送りしております。
ご不要の方は、お手数ですが本アドレスにご連絡頂くか、末尾にご案内するURLにて、
解除のお手続きをお願い申し上げます。

=======公益社団法人日本フィランソロピー協会メールマガジン=======
            http://www.philanthropy.or.jp/
              【毎月1日・15日発行】
=================2017-09-15=================
六本木で開催されているASEAN設立50周年記念『サンシャワー:東南アジアの現代美術
展』に行ってきました。約190点の作品が2か所の美術館に同時展示されるという大規模
な展覧会で、半日かけて回ってへとへとになりました。今回の一番の収穫は、「ソー
シャリー・エンゲージド・アート(SEA)」という言葉を初めて知ったこと。「社会関与型
アート」と訳されていたこの分野は、政治や環境など地域社会の問題に作家が直接関わ
り、作品を通じて何らかの社会変革をもたらそうとする手法を指しているそうです。
いま横浜みなとみらいで開催中の『ヨコハマトリエンナーレ』では、北京オリンピック
の鳥の巣を手掛けたアイ・ウェイウェイによる難民のボートと救命具を使ったインスタ
レーションも展示されています。先週は、美術館内で難民支援NGOによる講演とワーク
ショップも開かれたとか。今後このSEAに取り組む作家が増えれば、NPO/NGOとの異業種
コラボレーションも加速するかもしれません。大いに期待したいです。(加勢川佐記子)

■ INDEX ==================================

◆日本フィランソロピー協会からのお知らせ
1. 第335回 定例セミナー「社員参加を促すための知恵と工夫を聞く」
2.東京海上日動あんしん生命保険 給付型奨学金、幼児教育支援プログラム
3.サントリー東北サンさんプロジェクト「チャレンジド・アスリート奨励金」

◆フィランソロピーニュース
1. 地域社会を支える事業を対象とした2018年度「JT NPO助成事業」募集開始
2. 社会的養護出身者を対象とした2018年度「ドコモ奨学金」募集開始
3. ファンケルの社員食堂が、神奈川県の「ME-BYO BRAND」に認定
4. 三菱地所グループの新たな CSR 活動が始動
5. ヤッホーブルーイングが、ALS研究支援のためのチャリティー活動に参加
6. TOTOグループが、第13回TOTO水環境基金の助成団体を募集
7. 阪急阪神HD「第9回阪急阪神 未来のゆめ・まち基金」助成申請受付を開始
8. 文部科学省が、青少年の体験活動推進企業表彰へのエントリー企業を募集
9. 2017年度「チャンピオン・オブ・チェンジ」日本大賞 推薦受付中

◆各地のイベント・募集
01.【大阪】第5回かんさいCSネットワークフォーラム「これからのパートナーシップを考える」
02.【東京】デンマークの「未来な教育」独自インタビュー&デンマークスタディツアー報告
03.【東京】「第1回 復興応援マルシェin恵比寿」
04.【東京】緊急フォーラム「大変だ!子どもの未来が崩れそう」
05.【東京】第16回ぶっく・とーく『990円のジーンズがつくられるのはなぜ?』
06.【東京】「みんなで稲刈り。40年ぶりのお米収穫大作戦!」
07.【千葉】「チキンカレーをほぼイチから作る」
08.【東京】シンポジウム「シリア紛争にみる人道支援の限界と挑戦」
09.【東京】「1964年東京大会から学ぶ日本の障害者スポーツの歴史と効果」
10.【栃木】「第11回全国校区・小地域福祉活動サミットin NIKKO」

=======  日本フィランソロピー協会からのお知らせ  ========
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 第335回 定例セミナー
「社員参加を促すための知恵と工夫を聞く」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社会貢献プログラムへの主体的な社員の参加を促進している2社からお話を聞き、社員
が主体的に社会参加するための創意工夫について学びます。

・テーマ: 社員参加を促すための知恵と工夫を聞く
・日時:9月26日(火)16:00〜18:00
・登壇者:
 山尾 ゆり 氏(フィリップ モリス ジャパン合同会社 コーポレート アフェアーズ
        コーポレート レスポンシビリティ エグゼクティブ)
 安川 彩 氏(三菱商事株式会社 広報部 社会貢献チーム 課長)
・会場:フィリップ モリス ジャパン合同会社 本社 会議室
・参加費:当協会会員2,000円/一般5,000円/学生1,000円
・申込:http://www.philanthropy.or.jp/seminar/335/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.東京海上日動あんしん生命保険株式会社
 給付型奨学金、幼児教育支援プログラム  申請受付中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ガンなどの疾病により保護者を亡くした子どもたちを経済的にサポートするため、東京
海上日動あんしん生命保険株式会社が昨年設立した基金です。

・詳細: http://www.philanthropy.or.jp/anshin/2018/
・申請受付期間:2017年6月1日(木)〜10月31日(火)当日消印有効

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.サントリー東北サンさんプロジェクト
 「チャレンジド・アスリート奨励金」(第四期)申請受付中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サントリー・チャレンジド・アスリート奨励金は、サントリーグループの東日本大震災
復興支援「サントリー東北サンさんプロジェクト」の一環として、東北3県(岩手県・
宮城県・福島県)でのチャレンジド・スポーツ(障がい者スポーツ)の振興を目的に、
個人競技者や団体への活動に対して奨励金を給付するものです。

・詳細:http://www.philanthropy.or.jp/suntory/2017/
・締切:9月20日(水)当日消印有効


===========  フィランソロピーニュース  ===========
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 2018年度「JT NPO助成事業」〜地域コミュニティの再生と活性化にむけて〜
  9月20日より募集開始
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
JTグループでは、社会貢献活動の一環として、NPO助成事業を1999年度より実施してい
る。これまでの19年間に、延べ1,108件、総額約13億7千万円の助成を行なってきた。
2018年度は、9月20日(水)より募集を開始する。
https://www.jti.co.jp/investors/library/press_releases/2017/0912_01.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2. 2018年度 社会的養護出身者を対象としたドコモ奨学金 9月20日より募集開始
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド(MCF)は、NTTドコモの支援により、
大学・短期大学・専門学校に入学を予定している社会的養護出身者を対象とした返済
不要の奨学金事業を立ち上げた。9月20日(水)より募集を開始する。
http://www.mcfund.or.jp/news/2017/000266.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3. ファンケルの社員食堂が、神奈川県の「ME-BYO BRAND」に認定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社ファンケルの本社にある社員食堂「ファンケル学べる健康レストラン」と
「ファンケル健康メニュー」 が、未病の改善等に資する優れた商品やサービスを認
定する神奈川県の制度「ME-BYO BRAND」に認定された。レストランやメニューが認定
されたのは初めてのケース。
http://www.fancl.jp/news/pdf/20170906_me-byobrandnintei.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4. 三菱地所グループの新たな CSR 活動が始動
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三菱地所株式会社は、持続可能な社会づくりを目指し、2つの新たなCSR活動
(1)「純米酒『丸の内』」に続き、「純米焼酎『大手町』」誕生
(2)管理が行き届いていない山林を再生し、木材供給を行う「三菱地所グループの森」
を開始した。
http://www.mec.co.jp/j/news/archives/mec170908csrshochu.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5. ヤッホーブルーイングが、ALS研究支援のためのチャリティー活動に参加
特別ブレンドの限定ビールを醸造販売し、ビール1杯につき1ドルを寄付
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式会社ヤッホーブルーイングは、米国発のチャリティー活動「Ales for ALS」に賛
同し、クラフトビールを通してALS(筋萎縮性側索硬化症)の研究を支援するプロジェ
クトに参加することを発表した。このプロジェクトに賛同した醸造所は、「Ales for
ALS」オリジナルのブレンドホップを使用したビールを醸造することができる。寄付
つき特別醸造ビールは「YONA YONA BEER WORKS」の5つの店舗で販売中。
http://yohobrewing.com/news/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6. TOTOグループが、第13回TOTO水環境基金の助成団体を募集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「TOTO 水環境基金」は、市民の水に関わる環境への取り組みを支援するため、TOTO
株式会社が2005年に設立した基金。これまでに国内と海外の239 団体(延べ)に対
し、約 3 億円を助成している。第13回への応募受付は10月15日(日)まで。
http://www.toto.co.jp/company/environment/mizukikin/group/index.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7. 阪急阪神HDが、「阪急阪神 未来のゆめ・まち基金」第9回助成団体を募集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
阪急阪神ホールディングスでは、今年度も阪急阪神沿線で「地域環境づくり」や「次
世代の育成」に取り組む市民団体への助成を行う。助成団体を募集するにあたり、
10月4日(水)18時半から阪急電鉄本社ビル1Fにて募集説明会を実施する。
応募受付は10月23日(月)まで。17:00事務局必着。
http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/5340.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
8. 文部科学省が、青少年の体験活動推進企業表彰へのエントリー企業を募集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
文部科学省では、青少年の体験活動の推進を図ることを目的として「青少年の体験活
動推進企業表彰」を実施し、企業がCSR・社会貢献活動の一環として実施した優れた
実践表彰し、全国に広く紹介している。今年度の応募受付は10月31日(火)まで。
http://www.mext.go.jp/a_menu/sports/ikusei/1339439.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
9. 2017年度「チャンピオン・オブ・チェンジ」日本大賞 推薦受付中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
公益財団法人パブリックリソース財団とフィッシュ・ファミリー財団(米国)が、
社会変革に取り組む女性リーダーを表彰する「チャンピオン・オブ・チェンジ賞」を
創設。9月30日(土)まで推薦を受け付けている。
http://www.public.or.jp/PRF/news/dt_115.html


=============各地のイベント(開催日順)============
■1. 開催地:大阪市 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第5回かんさいCSネットワークフォーラム「これからのパートナーシップを考える」
主催:特定非営利活動法人関西NGO協議会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「日本パートナーシップ大賞」を主宰しているパートナーシップ・サポートセンター
代表理事の岸田眞代さんからお話を聞く。事例紹介は、第12回日本パートナーシップ
大賞でグランプリを受賞した株式会社スーパーホテル(大阪市西区)の取り組み。

・日時:9月21日(木)14:00〜17:00(開場13:30)
・場所:グロービス経営大学院大阪校(大阪市淀川区宮原1-1-1 新大阪阪急ビル4F)
・会費:一般:2,000円
・詳細:http://kansaingo.net/11384/

■2.開催地:東京都渋谷区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デンマークの「未来な教育」独自インタビュー&デンマークスタディツアー報告
主催:H.I.S.スタディツアーデスク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「H.I.S.旅と本と珈琲とOmotesando」は、2015年にオープンしたH.I.S.のコンセプト店。
8月に実施された『「共生する未来」を創る旅・デンマークスタディ&アクションツアー』
に同行したメンバーによる報告会を行なう。

・日時: 9月23日(土)19:30〜21:00
・会場: H.I.S 旅と本と珈琲とOmotesando
・参加費:社会人2,000円、学生1,500円(スペシャルティコーヒー付き)
・詳細: http://peatix.com/event/302010/

■3. 開催地:東京都渋谷区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「第1回 復興応援マルシェin恵比寿」
主催:復興応援マルシェin恵比寿 実行委委員会
サッポロホールディングス/サッポロ不動産開発/サッポログループ各社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東日本大震災と熊本地震の復興を応援するためのマルシェ。岩手県・宮城県・福島県・
熊本県・大分県の特産品を販売予定。

・日時:9月30日(土)、10月1日(日)11:00〜17:00
・場所:恵比寿ガーデンプレイス センター広場
・参加費:無料
・会場情報:https://gardenplace.jp/event/detail.php?id=78

■4. 開催地:東京都板橋区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
緊急フォーラム「大変だ!子どもの未来が崩れそう」
主催:にっぽん子育て応援団
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社会全体で子どもと子育て家庭を支えるための財源確保について考えるフォーラム。
「こども保険」について、小泉進次郎衆議院議員が説明を行う予定。

・日時:10月1日(日)10:00〜16:30
・場所:東京家政大学120周年記念館 多目的ホール(東京都板橋区加賀1-18-1)
・定員:100名
・参加費:1,000円(資料代)※要事前申し込み
・保育料:1,000円(生後6カ月以上1名あたり)※要事前申込み。
・詳細:http://www.nippon-kosodate.jp/topics/topics.cgi?ID=00287

■5.開催地:東京都港区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第16回ぶっく・とーく『990円のジーンズがつくられるのはなぜ?
             −ファストファッションの工場で起こっていること』
主催:公益財団法人日本女性学習財団
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ぶっく・とーく」は、話題の本を取り上げて著者にお話を伺うプログラム。
今回は、『990円のジーンズがつくられるのはなぜ?−ファストファッションの工場で
起こっていること』の著者長田華子さんからお話を聞く。

・日時: 10月3 日(火)18:30 〜 20:00
・会場: 日本女子会館5 階 スペースWe learn
・参加費:1,500 円(大学生500円、高校生以下は無料)
・詳細:http://www.jawe2011.jp/book-talk/index2017.html#book16th

■6. 開催地:東京都八王子市 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「みんなで稲刈り。40年ぶりのお米収穫大作戦!」
主催:森のライフスタイル研究所
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
森づくりのNPOが管理する八王子の里山での稲刈り作業。稲穂を鎌で刈り取り、
ハザ掛けまで行なう。午後には、キヤノンの協力による写真教室も開催。

・日時: 10月7日(土)※小雨決行。(合羽を着て作業)
・集合: 9時00分/JR八王子駅改札口の前
・場所: 東京都八王子市上川の里
・定員: 30名程度
・参加費:2,000円
・詳細:http://moridukuri.or.jp/event/2017act10hachioji/
・申込期限:9月27日(水)
・申込:https://www.secure-cloud.jp/sf/1504613467DfjKxgVd

■7. 開催地:千葉県成田市 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「チキンカレーをほぼイチから作る」
共催:APLA/自給農園ミルパ/P-nong Learning Center/アーユス仏教国際協力ネット
ワーク/メコン・ウォッチ/日本国際ボランティアセンター/日本消費者連盟
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無農薬の野菜づくりに取り組む農園と、NPO/NGOが協働で企画・実施するイベント。
まず「命をいただく」ことを僧侶から学び、鶏を絞めるところを見学。その後、皆で
チキンカレーを作る。NGOによるレクチャーもあり。

・日時:10月8日(日)10時半開始
・場所:自給農園ミルパ(千葉県成田市東峰109)
・定員:100名
・参加費:大人2,000円(予約1,800円)小学生〜大学生1,000円(予約800円)
・詳細:http://www.apla.jp/archives/events/5745

■8. 開催地:東京都渋谷区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『1964年東京大会から学ぶ日本の障害者スポーツの歴史と効果』
主催:一般社団法人 コ・イノベーション研究所
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本の障がい者スポーツの歴史を発展をテーマに、1964年に東京大会が開催された経
緯や、実施後に障害者福祉に与えた影響について考える。
第二部では、最新の日本発の共生型スポーツ「卓球バレー」も体験できる。

・日時:10月10日(火)18:30〜20:30
・場所:東京体育館 第一会議室(東京・千駄ヶ谷)
・定員:40名
・参加費:前売3,240円/当日4,000円 ※介助者無料
・詳細:http://coil.or.jp/coil_seminar_vol_09.html

■9.開催地:東京都豊島区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
シンポジウム「シリア紛争にみる人道支援の限界と挑戦」
主催:21世紀社会デザイン研究科、社会デザイン研究所
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本で紹介されることの少ないシリア人によるNGOの関係者を招き、シリアにおける
人道支援活動の実態と課題について、シリア情勢に詳しい研究者、シリアのNGOと協働
する日本のNGO関係者とともに討議するシンポジウム。

・日時: 10月14日(土)14:00-17:00
・会場: 立教大学 池袋キャンパス 14号館2階 D201教室
・参加費:無料
・詳細:http://www.rikkyo.ac.jp/events/2017/10/mknpps0000003dto.html

■10.開催地:栃木県日光市 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「第11回全国校区・小地域福祉活動サミットin NIKKO」
主催:全国校区・小地域福祉活動サミット実行委員会/日光市社会福祉協議会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
学校区や自治会などの「小地域」における様々な福祉活動の取り組みを学ぶと同時に、
実践者同士の交流やつながりの場を通して更なる活動への意欲を高めることを目的と
した二日間のプログラム。

・日時: 11月30日(木)、12月1日(金)
・会場: 日光市藤原総合文化会館
・参加費:6,000円
・詳細: https://nikkosummit.jimdo.com/


============================================================================
◆バックナンバーはこちらから◆
https://secure.philanthropy.or.jp/mm/backnumber.cgi
============================================================================
◆配信中止・アドレス変更◆
アドレス変更
https://secure.philanthropy.or.jp/mm/regist.html
配信中止
{DELURL}
============================================================================
公益社団法人 日本フィランソロピー協会
〒100-0004東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル244区
TEL: 03-5205-7580 FAX: 03-5205-7585
URL: http://www.philanthropy.or.jp
============================================================================