日付一覧

  • 2019/05/01 10:00:00
  • 2019/04/15 15:30:00
  • 2019/04/01 18:45:00
  • 2019/03/15 21:00:00
  • 2019/03/01 18:00:00
  • 2019/02/15 18:00:00
  • 2019/02/01 17:00:00
  • 2019/01/15 19:45:00
  • 2019/01/01 12:00:00
  • 2018/12/15 18:15:00
  • 2018/12/01 09:00:00
  • 2018/11/15 21:45:00
  • 2018/11/01 19:15:00
  • 2018/10/15 21:00:00
  • 2018/10/01 17:00:00
  • 2018/09/15 12:00:00
  • 2018/09/01 15:00:00
  • 2018/08/15 17:00:00
  • 2018/08/01 19:15:00
  • 2018/07/15 11:00:00
  • 2018/07/01 19:00:00
  • 2018/06/15 22:00:00
  • 2018/06/01 20:30:00
  • 2018/05/15 17:00:00
  • 2018/05/01 14:00:00
  • 2018/04/15 18:00:00
  • 2018/04/01 16:30:00
  • 2018/03/23 18:48:08
  • 2018/03/15 22:30:00
  • 2018/03/01 21:00:00
  • 2018/02/23 11:09:39
  • 2018/02/21 11:15:00
  • 2018/02/20 19:58:19
  • 2018/02/19 16:30:00
  • 2018/02/15 15:00:00
  • 2018/02/01 18:00:00
  • 2018/01/15 15:00:00
  • 2018/01/01 12:00:00
  • 2017/12/15 22:30:00
  • 2017/12/01 16:30:00
  • 2017/11/15 20:45:00
  • 2017/11/07 10:13:54
  • 2017/11/01 12:00:00
  • 2017/10/15 17:00:00
  • 2017/10/01 17:00:00
  • 2017/09/15 15:00:00
  • 2017/09/01 23:15:00
  • 2017/08/24 14:29:06
  • 2017/08/15 10:27:11
  • 2017/08/01 20:00:00
  • 2017/07/21 10:19:54
  • 2017/07/15 09:00:00
  • 2017/07/01 15:00:00
  • 2017/06/15 15:00:00
  • 2017/06/01 19:30:00
  • 2017/05/15 16:45:00
  • 2017/05/01 16:30:00
  • 2017/04/24 17:16:05
  • 2017/04/15 15:30:00
  • 2017/04/01 16:00:00
  • 2017/03/15 13:33:30
  • 2017/03/01 15:00:00
  • 2017/02/15 21:00:00
  • 2017/02/15 14:28:44
  • 2017/02/15 14:27:22
  • 2017/02/15 14:25:42
  • 2017/01/31 13:59:31
  • 2017/01/31 13:58:32
  • 2017/01/31 13:57:24
  • 2017/01/31 13:56:45
  • 2017/01/31 13:56:09
  • 2017/01/31 13:55:22
  • 2017/01/31 13:54:43
  • 2017/01/31 13:54:01
  • 2017/01/31 13:53:16
  • 2017/01/31 13:52:32
  • 2017/01/31 13:51:51
  • 2017/01/31 13:51:11
  • 2017/01/31 13:50:31
  • 2017/01/31 13:49:48
  • 2017/01/31 13:48:58
  • 2017/01/31 13:48:17
  • 2017/01/31 13:47:26
  • 2017/01/31 13:46:31
  • 2017/01/31 13:45:27
  • 2017/01/31 13:44:44
  • 2017/01/31 13:43:49
  • 2017/01/31 13:42:52
  • 2017/01/31 13:41:12
  • 2017/01/31 13:39:35
  • 2016/10/13 15:14:32
  • 2017/01/31 13:56:09
    • 公益社団法人日本フィランソロピー協会メールマガジン 2016-10-15

    このメールマガジンは、日本フィランソロピー協会主催のイベントにご参加頂いた方、
    および職員と名刺交換させて頂いた方にお送りしております。
    ご不要の方は、お手数ですが本アドレスにご連絡頂くか、末尾にご案内するURLにて、
    解除のお手続きをお願い申し上げます。

    =======公益社団法人日本フィランソロピー協会メールマガジン======
                http://www.philanthropy.or.jp/
                  【毎月1日・15日発行】
    ==================2016-10-15===============
    秋の夜長にと、手にした本は「ソーシャルアート」。
    何気なく読み始めて、すっかり夢中になりました。

    例えば、変形した身体でも、自分の創意で自由に表現できることを知った森田さんは
    いまや様々な舞台で活躍するダンサー。手の指が4本なので、ワークショップで子供
    たちから「4本なんてへん」といわれると、「じゃあ、君はなぜ5本?」と一緒に考
    えるそう。そんなとき「障がいがある」「障がいがない」という境界線が崩れる瞬間
    があって、それが一番楽しいという言葉に、わたし自身、障がいとは、と考えさせら
    れました。
    また、自ら障がいのある息子さんを持つ久保田さんが始めた障害福祉施設では、障が
    いのあることを「問題」でなく「表現」として捉えています。そこで過ごすりょうく
    んの、普通5秒でできる動作を30分かける動きを、ビデオ撮影すると、なにもしてい
    ないかのような彼の所作には、豊かな流れがあり、内なる意味があったという話には
    自分の意識する時間について考えました。
    様々な事例が、「障がい」という窓を通して、既成の概念を疑い、社会を変えていく
    アートの実践として紹介されています。共生社会、ソーシャルインクルージョン、障
    がい者アート等に興味のある方に、秋の夜長の読書としてお薦めの一冊です。(近藤)

    参考)
    「ソーシャルアート」〜障がいのある人とアートで社会を変える〜
    たんぽぽの家編 学芸出版社 ※当協会機関誌の前編集人、若林朋子さんも執筆

    ■ INDEX 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

    ◆日本フィランソロピー協会からのお知らせ
    ・第323回 定例セミナー
     「福島県の障がい者スポーツ普及活動から企業のボランティア機会を考える」
    ・第23回 フィランソロピーセミナー(大阪)
     「社員参加型の社会貢献〜マッチングギフトの可能性〜」
    ・寄付月間2016 
     リードパートナー、賛同パートナー、公式認定企画 募集中(10月21日締め切り)
    ・東京海上日動あんしん生命が設置した奨学金制度等の申請受付中
    ・田辺三菱製薬の難病患者団体支援活動 助成申請を受付中

    ◆フィランソロピーニュース
    1. azbilみつばち倶楽部が社会福祉団体などに663万円の支援を決定 
    2. キヤノン、中国で「グリーンサプライチェーン五つ星企業」第1号に認定 
    3. 第16回「ファンケル クラシック」で総額4,866,700円を4団体に寄付
    4. 損害保険ジャパン日本興亜、2016年度「SAVE JAPANプロジェクト」開催 
    5. 日本郵船、国連総会“Global Goals Week”にて取り組みが紹介 

    ◆各地のイベント(開催日順)
    1. 【埼玉県】個展「大河、今日も、うろうろ・ピーピー・GO!」展
    2. 【兵庫県・大阪府】NHKハートフォーラム
    3. 【福島県】NPOのための組織基盤強化フォーラム in 福島
    4. 【東京都】「TOKYOみみカレッジ」開催
    5. 【福岡県】第11回勤マルの日 1000人ボランティア大集合!!
    6. 【東京都】チャリティコンサート「雅楽の夕べ〜東儀秀樹」
    7. 【東京都】映画「Given」〜いま、ここ、にある しあわせ〜 映画会&講演会

    ◆助成・募集
    募集:「ボランティア全国フォーラム2016」スタッフ・ボランティアを募集
    助成: 第12回「TOTO水環境基金」の助成団体募集中


    ======== 日本フィランソロピー協会からのお知らせ =========

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    第323回 定例セミナー
    「福島県の障がい者スポーツ普及活動から企業のボランティア機会を考える」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて社員ボランティア推進を検討し
    ている企業が増えてきています。そこで今回は、福島県で障がい者スポーツの普及と
    強化を担当し、ご自身も元車椅子バスケットボール女子日本代表としてシドニーパラ
    リンピックで銅メダルを獲得された増子恵美氏をお迎えし、障がい者スポーツの大会
    運営や日常の練習や生活などを支えるボランティア活動についてお話を伺います。

    ■講師:増子恵美氏(公益財団法人福島県障がい者スポーツ協会 書記)
    ■日時:10月27日(木)16:00〜18:00、15:30開場
    ■会場:JXエネルギー株式会社(東京都千代田区大手町1-1-2 JXビル)
    ■参加費:当協会会員2,000円/一般5,000円/学生1,000円
    ■詳細:http://www.philanthropy.or.jp/seminar/323/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    第23回 フィランソロピーセミナー 〜大阪編〜
    『社員参加型の社会貢献〜マッチングギフトの可能性』 
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「マッチングギフト」は、企業が社員と一緒に行なう社会貢献活動の一つとして米国
    から伝わり、1990年代の半ばから導入される企業が増えてきました。
    今回のセミナーでは、社会の課題に取り組む非営利団体を支援するために日常的に社
    員の皆様に寄付を呼びかけていらっしゃる二社から事例のご紹介をいただきます。
    「寄付先の選定方法」や「使途報告」など、運営に関するお話を伺うとともに、「参
    加率を上げるには」、「寄付の成果をどう測るか」など、共通の課題について、皆様
    とともに考える場としたいと思います。

    ■日時:11月18日(金)16:00〜18:00、15:30受付開始
    ■会場:「都市魅力研究室」会議室(大阪市北区大深町3番1号
                     グランフロント大阪 北館Tower C7階)
    ■プログラム:マッチングギフトの事例紹介
     グンゼ株式会社『グンゼラブアース倶楽部』
            CSR推進室 入江 教夫 氏
     積水ハウス株式会社『積水ハウス マッチングプログラム』
            コーポレート・コミュニケーション部
            CSR室長 広瀬 雄樹 氏/CSR室 主任 信田 由加里 氏
    ■参加費:当協会会員2,000円/一般3,000円/学生1,000円
    ■詳細:http://www.philanthropy.or.jp/seminar/023/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    寄付月間2016 
    リードパートナー、賛同パートナー、公式認定企画 募集中(10月21日締め切り)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    寄付月間とは2015年12月に第1回が行われた全国的な寄付啓発キャンペーン。
    NPO、大学、企業、行政、国際機関などで、寄付にかかわる主な関係者が幅広く集い
    12月の1か月間を「寄付月間〜Giving December〜」とすることが決まり、スタートし
    ました。当協会も推進委員、作業部員としてかかわっています。寄付について考え、
    機運を一緒に作る仲間や企画を募集中。

    ■詳細:http://giving12.jp/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    東京海上日動あんしん生命が設置した奨学金制度等の申請受付中
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    東京海上日動あんしん生命保険株式会社が設立した、疾病により保護者を亡くした子
    どもたちを支援するための「奨学金制度」と「幼児教育支援制度」の事務局を当協会
    で行っています。ただいま2017年度(平成29年度)の申請を受け付けています。

    ■応募受付期間:8月5日(金)〜11月30日(水)当日消印有効
    ■詳細:http://www.philanthropy.or.jp/anshin/2017/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    田辺三菱製薬の難病患者団体支援活動 助成申請を受付中
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    田辺三菱製薬株式会社は、2012年に「田辺三菱製薬 手のひらパートナープログラム」
    を創設し、難病患者の療養・就学・就労生活の改善等と、QOL向上に取り組む難病
    患者団体およびその支援団体への助成を行っています。当協会ではその事務局を行っ
    ており、ただいま2017年度第5期の助成申請を受け付けています。

    ■応募受付期間:10月1日(土)〜11月15日(火)当日消印有効
    ■詳細:http://www.philanthropy.or.jp/tenohira/


    ============= フィランソロピーニュース ===========

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    1.azbilみつばち倶楽部が社会福祉団体などに663万円の支援を決定 
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    アズビル株式会社をはじめとするazbilグループの有志社員が社会貢献を行う任意団体
    「azbil みつばち倶楽部」では、本年度の社会福祉団体などへの支援、総額663万円を
    決定。同倶楽部では、会員が毎月1口100円から任意の口数を給与天引きで拠出し、支
    援金としている。会員は支援したい団体を推薦し、会員投票により決定する。第7回目
    の支援先は33団体となった。

    アズビル株式会のリリースはこちら↓
    http://www.azbil.com/jp/news/161012.html

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2.キヤノンが中国で「グリーンサプライチェーン五つ星企業」第1号に認定 
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    キヤノン株式会社は、中国の権威ある環境認証機関である中環連合認証センター(以
    下CEC)より、企業初の「グリーンサプライチェーン五つ星企業」にグループとして認
    定。また、キヤノンのグループ会社であるキヤノン(中国)有限公司は、2016年にお
    いて、CECより電機・電子業界の日系企業で唯一「中国環境ラベル優秀企業賞」を受賞。
    CECは、中国環境保護部が2016年に打ち出した「グリーン生産、グリーン調達、グリー
    ン消費を中心とするグリーンサプライチェーンマネジメントを促進する」という方針
    に基づき、企業の取り組みを評価している。

    キヤノン株式会社のリリースはこちら↓
    http://web.canon.jp/pressrelease/2016/p2016oct06j.html

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    3. 第16回「ファンケル クラシック」で総額4,866,700 円を4団体に寄付
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    株式会社ファンケルは、公益社団法人 日本プロゴルフ協会主管競技、PGAシニアツア
    ー「ファンケル クラシック 2016」を、2016年8月の3日間、静岡県裾野市の裾野カン
    ツリー倶楽部にて開催。2010年以来7年連続で20,000人を超えるギャラリーが来場。
    同社では大会を社会貢献活動のひとつと捉え、ギャラリーからの募金やプロ愛用品の
    オークションなど、積極的なチャリティ活動を実施。
    本年は、獲得賞金の一部も寄付され、総額4,866,700円が『ファンケル クラシック基
    金』を通じて「日本赤十字社(熊本地震災害義援金)」「静岡県裾野市」「社会福祉
    法人 訪問の家」「国連 WFP」の4 団体へ全額寄付された。

    株式会社ファンケルのリリースはこちら↓
    http://www.fancl.jp/news/pdf/2016.10.06_fanclclassic2016kikinhoukoku.pdf

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    4. 損害保険ジャパン日本興亜、2016年度「SAVE JAPANプロジェクト」開催 
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、特定非営利活動法人日本NPOセンターととも
    に、環境NPOと連携して市民参加型の生物多様性の保全活動を行う「SAVE JAPAN
    プロジェクト」を全国で開催。2011年度から開始した取組みは今年で、6年度目。
    顧客が自動車保険等の加入時にWeb約款・Web証券を選択したり、自動車事故の修理時
    にリサイクル部品などを活用した際に削減できたコストの一部を活用し、環境NPOなど
    に助成を行い、市民参加型の生物多様性保全活動を行う。
    2016年度は地域の独自性を活かした「いきものが住みやすい環境づくり」を進める。

    損害保険ジャパン日本興亜株式会社のリリースはこちら↓
    http://www.sjnk.co.jp/~/media/SJNK/files/topics/2016/20160930_1.pdf

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    5. 日本郵船、国連総会“Global Goals Week”にて取組みが紹介  
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2016年9月13日、ニューヨークの国連本部で開幕した「第71回 国連総会」における
    Global Goals Weekで、ノルウェー船級協会DNV GL グループ社長兼CEOレミ・エリクセ
    ン(Remi Eriksen)は「持続可能な開発目標」の達成に向けた基調講演を行った。
    そのなかで、日本郵船株式会社は、さまざまな創意工夫を実践するなどイノベーショ
    ンやビジネスモデルの変革を通じて、社会課題の解決に積極的に取り組み、SDGsを推
    進している企業として、日本企業で唯一紹介された。

    日本郵船株式会社のリリースはこちら↓
    http://www.nyk.com/release/4207/004439.html


    ============= 各地のイベント(開催日順)===========

    ■1.開催地:埼玉県川越市 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    個展「大河、今日も、うろうろ・ピーピー・GO!」展
    主催:NPO法人あいアイ
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    年齢、性別、国籍、そして障がいの有無を問わず創造活動し、その成果をもって障が
    い者の自立の一助とすべく、特異な才能を発揮する小さな画伯、杉田大河の個展。

    ・日時: 10月19日(水)〜30日(日)(月・火、休み)
    ・会場: 川越「ギャラリー&カフェ 平蔵」(川越市南通町)
    ・連絡先:NPO法人あいアイ/川越市郭町2−20−4(粟田)090-3342-9412

    ■2.開催地:兵庫県・大阪府 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    NHKハートフォーラム
    主催:NHK神戸放送局・NHK厚生文化事業団、
    NHK大阪放送局・NHK厚生文化事業団近畿支局
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    テーマ:「認知症700万人 当事者と創る新時代」(兵庫県)
    医療の進歩により早期に「認知症」と診断される人が増える一方で、支援態勢が十分
    でなく「早期診断・早期絶望」ともいわれる状況が生まれている。認知症当事者の思
    いに耳を澄まし、パネルディスカッションで、すでに動き始めた人たちの対話をもと
    に、わたしたち一人ひとりのこれからについて考える。

    ・日時: 10月29日(土)13:00〜16:00、受付12:30
    ・会場: 兵庫県看護協会ハーモニーホール (神戸市中央区)
    ・参加費:無料 (入場整理券の申し込みが必要)
    ・詳細:https://www.npwo.or.jp/info/933

    テーマ:「発達障害の子どもへの理解と支援」(大阪府)
    発達障害のある児童・生徒は、障害の特性から家庭や学校の中でつまずきやすさをも
    っている。親や教師は、そのつまずきに早く気づき、適切な援助をする必要がある。
    講演と寸劇を通して、発達障害のある子どもたちとのかかわりについて考える。

    ・日時: 11月5日(土)13:00〜16:10、受付12:30
    ・会場: サンスクエア堺・サンスクエアホール (堺市堺区)
    ・参加費:無料 (入場整理券の申し込みが必要)
    ・詳細:https://www.npwo.or.jp/info/682

    ■3.開催地:福島県福島市 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    NPOのための組織基盤強化フォーラム in 福島「今こそ、組織の未来を考えよう」
    主催:ふくしま未来基金
    (公益財団法人パブリックリソース財団・一般社団法人ふくしま連携復興センター)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    震災から5年、福島のNPOに流れてきた助成金や補助金などの財源が途絶えてきている。
    NPOの資金調達が難しくなる一方で、避難指示解除も進み、被災者支援の在り方も変わ
    っている。この現状にあり、どうしたらNPOが組織基盤を強化することができるのか。
    組織基盤強化の事例から学び、組織課題の自己診断を行いながら、そのヒントを探る。

    ・日時: 11月1日(火)13:00〜16:30
    ・会場: コラッセふくしま (福島市三河南町)
    ・対象: 福島を活動の中心としているNPOの理事、スタッフ
    ・定員: 100名(定員に達し次第締切)
    ・詳細: http://www.public.or.jp/PRF/fund/fund_08/forum2016.html

    ■4.開催地:東京都八王子市 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「TOKYOみみカレッジ」開催
    主催:東京都、共催:NEC、公立大学法人首都大学東京
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、聴覚障がい者が、安心して
    東京を訪れることができるよう、聴覚障がいについての理解と関心を深めるための、
    産官学連携イベント「TOKYOみみカレッジ」を開催。足立梨花さんをゲストにラジオ
    公開録音を行うほか、多彩なイベントが用意されている。

    ・日時: 11月13日(日)10:00〜16:30
    ・会場: 公立大学法人首都大学東京 南大沢キャンパス(八王子市南大沢)
    ・参加費:無料
    ・詳細: http://tokyo-mimicollege.com/

    ■5.開催地:福岡県北九州市・福岡市 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
    第11回勤マルの日 1000人ボランティア大集合!!
    主催:勤マルの日実行委員会
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    『勤マルの日』とは、福岡において、平成16年度から同18年度にかけて実施された
    「仕事と生活の調和」を促進する厚生労働省・勤労者マルチライフ支援事業を継承し、
    勤労者などが気軽にボランティア活動に親しむ機会を提供する日。
    複数の受入れ団体から選んで参加できるので、サイトで内容の確認を。

    ・日時: 北九州市11月6日(日)10:00〜12:00/福岡市11月19日(土)10:00〜12:00
    ・参加費:無料
    ・詳細: http://www.npofukuoka.com/?p=513

    ■6.開催地:東京都千代田区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    チャリティコンサート「雅楽の夕べ〜東儀秀樹」
    主催:「知的障がいのある人にスポーツを!」スペシャルオリンピックス日本・東京
       を応援する会
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    SON(スペシャルオリンピックス日本)・東京を支援するグループによるチャリティ・
    イベント。2007年から音楽による支援を実施し、収益を全額寄付している。
    本年は、ジャンルを超えて活躍する雅楽師・東儀秀樹氏のコンサートを開催する。

    ・日時: 11月25日(金)開場18:30、開演19:00
    ・会場: 紀尾井ホール(千代田区紀尾井町)
    ・チケット料金:全席自由 一般 5,000円/障害のある人 2,500円
    ・チケット取り扱い:紀尾井ホールチケットセンター(一般券のみ)
              TEL 03-3237-0061 (10時〜18時 日・祝休)
    ・お問い合わせ:スペシャルオリンピックス日本・東京を応援する会
             TEL 070-6571-7054 (10時〜18時 平日のみ)
    ・参照:https://www.son-tokyo.or.jp/event/2016/2016schedule.html

    ■7. 開催地:東京都杉並区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    映画「Given」〜いま、ここ、にある しあわせ〜 映画会&講演会
    主催:NPO法人一休会
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    愛する家族の病気や死、思いもよらなかった「現実」と向かい合う3組の家族の物語。
    一度はどん底に突き落とされた家族が、「気づいた」大切なこと、とは?
    明日への大きな勇気がわいてくる映画。上映のあとで監督による講演がある。

    ・日時:11月26日(土)受付13:00、映画上映13:20、講演開始15:00
    ・会場:高円寺障害者交流館(杉並区高円寺南)
    ・参加費:無料
    ・申し込み:一休会事務局宛、FAXあるいはメールで
          FAX:03-3267-2023 E-mail:ikkyukai.npo@gmail.com(担当)廣瀬
    ・映画の詳細:http://given-imakoko.com/index.html


    ================助成・募集=================

    ■募集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「ボランティア全国フォーラム2016」スタッフ・ボランティアを募集
    「広がれボランティアの輪」連絡会議 、社会福祉法人 全国社会福祉協議会
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2016年11月5日(土)、6日(日)に、国立オリンピック記念青少年総合センターにて
    「ボランティア全国フォーラム2016」開催につき、当日の大会運営に伴うスタッフ・
    ボランティアを募集中。役割等は事務局と相談のうえ、1日目、2日目のみの参加も可
    能。お弁当付き。

    ・日時: 11月5日(土)〜6日(日)
    ・会場: 国立オリンピック記念青少年総合センター(渋谷区代々木神園町)
    ・問い合わせ・申し込み:info@hirogare.jp
    ・申し込み期限:10月19日(水)まで
    ・参加費:なし
    ・詳細:http://www.hirogare.net/ 
        Facebook https://www.facebook.com/vforum2016/

    ■助成 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    第12回「TOTO水環境基金」の助成団体を募集中
    TOTO株式会社
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「TOTO水環境基金」は、市民の水に関わる環境への取り組みを支援するため、2005年
    に設立された。今回はTOTO創立100周年記念事業として、助成総額を1億円に増額して
    (昨年度は1,556万円)最長3年間の助成を予定している。

    ・募集期間:10月1日(土)〜11月15日(火)
    ・詳細:http://www.toto.co.jp/company/press/2016/09/30_003010.htm


    ============================================================================
    ◆バックナンバーはこちらから◆
    https://g.blayn.jp/bm/p/bn/list.php?i=philanthropy&no=all
    ============================================================================
    配信中止・アドレス変更は、こちらからお願いいたします。
    https://g.blayn.jp/sm/p/f/tf.php?id=philanthropy
    ============================================================================
    公益社団法人 日本フィランソロピー協会
    〒100-0004東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル244区
    TEL: 03-5205-7580 FAX: 03-5205-7585
    URL: http://www.philanthropy.or.jp
    ============================================================================