日付一覧

  • 2019/11/15 21:00:00
  • 2019/11/01 14:30:00
  • 2019/10/15 17:15:00
  • 2019/07/15 15:00:00
  • 2019/07/01 16:30:00
  • 2019/06/15 19:30:00
  • 2019/06/01 08:00:00
  • 2019/05/15 19:15:00
  • 2019/05/01 10:00:00
  • 2019/04/15 15:30:00
  • 2019/04/01 18:45:00
  • 2019/03/15 21:00:00
  • 2019/03/01 18:00:00
  • 2019/02/15 18:00:00
  • 2019/02/01 17:00:00
  • 2019/01/15 19:45:00
  • 2019/01/01 12:00:00
  • 2018/12/15 18:15:00
  • 2018/12/01 09:00:00
  • 2018/11/15 21:45:00
  • 2018/11/01 19:15:00
  • 2018/10/15 21:00:00
  • 2018/10/01 17:00:00
  • 2018/09/15 12:00:00
  • 2018/09/01 15:00:00
  • 2018/08/15 17:00:00
  • 2018/08/01 19:15:00
  • 2018/07/15 11:00:00
  • 2018/07/01 19:00:00
  • 2018/06/15 22:00:00
  • 2018/06/01 20:30:00
  • 2018/05/15 17:00:00
  • 2018/05/01 14:00:00
  • 2018/04/15 18:00:00
  • 2018/04/01 16:30:00
  • 2018/03/23 18:48:08
  • 2018/03/15 22:30:00
  • 2018/03/01 21:00:00
  • 2018/02/23 11:09:39
  • 2018/02/21 11:15:00
  • 2018/02/20 19:58:19
  • 2018/02/19 16:30:00
  • 2018/02/15 15:00:00
  • 2018/02/01 18:00:00
  • 2018/01/15 15:00:00
  • 2018/01/01 12:00:00
  • 2017/12/15 22:30:00
  • 2017/12/01 16:30:00
  • 2017/11/15 20:45:00
  • 2017/11/07 10:13:54
  • 2017/11/01 12:00:00
  • 2017/10/15 17:00:00
  • 2017/10/01 17:00:00
  • 2017/09/15 15:00:00
  • 2017/09/01 23:15:00
  • 2017/08/24 14:29:06
  • 2017/08/15 10:27:11
  • 2017/08/01 20:00:00
  • 2017/07/21 10:19:54
  • 2017/07/15 09:00:00
  • 2017/07/01 15:00:00
  • 2017/06/15 15:00:00
  • 2017/06/01 19:30:00
  • 2017/05/15 16:45:00
  • 2017/05/01 16:30:00
  • 2017/04/24 17:16:05
  • 2017/04/15 15:30:00
  • 2017/04/01 16:00:00
  • 2017/03/15 13:33:30
  • 2017/03/01 15:00:00
  • 2017/02/15 21:00:00
  • 2017/02/15 14:28:44
  • 2017/02/15 14:27:22
  • 2017/02/15 14:25:42
  • 2017/01/31 13:59:31
  • 2017/01/31 13:58:32
  • 2017/01/31 13:57:24
  • 2017/01/31 13:56:45
  • 2017/01/31 13:56:09
  • 2017/01/31 13:55:22
  • 2017/01/31 13:54:43
  • 2017/01/31 13:54:01
  • 2017/01/31 13:53:16
  • 2017/01/31 13:52:32
  • 2017/01/31 13:51:51
  • 2017/01/31 13:51:11
  • 2017/01/31 13:50:31
  • 2017/01/31 13:49:48
  • 2017/01/31 13:48:58
  • 2017/01/31 13:48:17
  • 2017/01/31 13:47:26
  • 2017/01/31 13:46:31
  • 2017/01/31 13:45:27
  • 2017/01/31 13:44:44
  • 2017/01/31 13:43:49
  • 2017/01/31 13:42:52
  • 2017/01/31 13:41:12
  • 2017/01/31 13:39:35
  • 2016/10/13 15:14:32
  • 2017/01/31 13:59:31
    • 公益社団法人日本フィランソロピー協会メールマガジン 2016-12-15

    公益社団法人日本フィランソロピー協会メールマガジン 2016-12-15

    このメールマガジンは、日本フィランソロピー協会主催のイベントにご参加頂いた方、
    および職員と名刺交換させて頂いた方にお送りしております。
    ご不要の方は、お手数ですが本アドレスにご連絡頂くか、末尾にご案内するURLにて、
    解除のお手続きをお願い申し上げます。

    =======公益社団法人日本フィランソロピー協会メールマガジン======
                http://www.philanthropy.or.jp/
                  【毎月1日・15日発行】
    =================2016-12-15================
    先日、映画「さとにきたらええやん」の舞台となった「NPOこどもの里」理事長、
    荘保共子(しょうほ ともこ)さんが登壇したセミナーに参加しました。
    映画に出てきたような生きづらさを抱える家族は、大阪だけでなく、日本全国にいる
    のだと思います。その中で、荘保さんの次の言葉が印象的でした。
    「『自立』とは、一人で何でもしなければならない、ということではなく、様々な所
    に『助けて』と言えること、助けてもらいながら主体的に生きることです」
    一方で、困った人が「助けて」と言えるためには、言える先が身近になければなりま
    せん。荘保さんたちは、中学校区に一つずつ、子どもたちの様々な困難を議論し、
    解決に導くための連絡会を作っているそうです。
    そのような社会資本、人のネットワークを築いていくための一つのきっかけとして、
    当協会では年末年始に二つの機会を設けています。
    第325回定例セミナー(映画会)「隣(とな)る人」」(12/26)と、シンポジウム
    「子どもの貧困支援ボランティアを通じた人間力の強化」(1/17)です。
    これらを通して、家族とは何か、人にに寄り添うとはどのようなことかについて、
    ご一緒に考えていきたいと思います。ぜひ、お越し下さい。
    (藤川 祥子)

    ■ INDEX 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

    ◆日本フィランソロピー協会からのお知らせ
    1. 第325回定例セミナー特別企画
    「誰もが求める人と人とのつながり〜映画「隣(とな)る人」から人に寄り添う意味
    を考える〜」
    2. シンポジウム「子どもの貧困支援ボランティアを通じた人間力の強化」
    3. 第1回「寄付川柳」作品募集
    4. 「アメリカン・エキスプレス・リーダーシップ・アカデミー2017」
      〜NPOの次世代リーダー育成プログラム〜 研修生募集中
    5.企業の「社員による寄付プログラムの事例」をHPに掲載中

    ◆フィランソロピーニュース
    1.12月2日、休眠預金活用法が成立
    2.日本郵船「パネル展 世界とつながって 〜日本郵船の企業市民活動〜」を横浜で開催
    3.レベルファイブ 「ニッポンげんき応援PROJECT〜みんなの妖怪ウォッチ募金〜」を開設
    4.東京都スポーツ推進企業 平成28年度130社が認定
    5.内閣府「女性が輝く先進企業表彰」平成28年度表彰式を開催 
    6.文部科学省「平成28年度 青少年の体験活動推進企業表彰」エントリー企業募集中

    ◆各地のイベント(開催日順)
    1. 【栃木】 子どもの貧困対策 全国キャラバンin栃木
    2. 【岩手】「新しい東北」交流会in釜石
    3. 【大阪】「なまごえ」発刊記念シンポジウム
    4. 【東京】 第3回日本フォスターケア研究会
    5. 【東京】 ソーシャル・ジャスティス基金(SJF) 助成発表フォーラム第5回
    6. 【大阪】/【東京】 障害者自立支援機器「シーズ・ニーズマッチング交流会2016」
    7. 【宮城】 シンポジウム「復興の先を見据えた地域づくり〜住民の主体性を考えた復興支
    援のあり方〜」

    ======== 日本フィランソロピー協会からのお知らせ =========
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    第325回定例セミナー特別企画
    誰もが求める人と人とのつながり
    〜映画「隣(とな)る人」から人に寄り添う意味を考える〜(映画鑑賞と対談)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    様々な事情で、家庭での日常を過ごすことができない子どもたち。今回のセミナーで
    は、そんな子どもたちに寄り添い続ける児童養護施設「光の子どもの家」の保育士と、
    子どもたちとの8年間の日常を追ったドキュメンタリー映画「隣る人」(刀川 和也
    監督作品)を鑑賞いただきます。そして、日本の社会福祉の先駆的な「感化院」施設
    (現児童自立支援施設)を創設した留岡幸助の理念を受け継ぐ児童養護施設「東京家
    庭学校」の松田施設長をお迎えして対談を行います。

    ■日時:2016年12月26日(月) 19:00〜21:30(18:45開場)
    ■場所:千代田区立日比谷図書文化館 スタジオプラス
    ■会費:2000円
    ■詳細・申し込み:http://www.philanthropy.or.jp/seminar/325/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    シンポジウム「子どもの貧困支援ボランティアを通じた人間力の強化」
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    昨今「子どもの貧困」をはじめ、子どもに関する様々な社会課題があふれています。
    当協会では、普通の大人が子どもに寄り添い、手を差し伸べ、見守ることが重要と
    考え、支援ボランティアに関心を持つ方々に向けた研修を2017年2月以降に企画して
    います。今回はその紹介を兼ね、本質的な課題とその解決のための手がかりを考える
    シンポジウムを開催します。

    ■日時 :2017年1月17日(火)14:30〜17:00
    ■場所 :AP新橋虎ノ門
    ■講演者:田中 康之氏(株式会社リンクアンドモチベーション フェロー)
         前野 隆司氏(慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 教授)
    ■参加費:無料
    ■詳細・申し込み:http://www.philanthropy.or.jp/poverty/20170117/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    第1回「寄付川柳」作品を募集します
    主催:公益財団法人公益法人協会
       公益社団法人日本フィランソロピー協会
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「誰かを助けたい」「社会をより良くしたい」「寄付」は、温もりと活力ある社会
    づくりに欠かせない大切なお金。そんな「寄付」にまつわる川柳を募集します。
    やさしさとユーモアにあふれる一句をお待ちしております。

    ■締切:2017年1月16日(月) ※はがきの場合は消印有効
    ■詳細:http://www.kohokyo.or.jp/kf/kifusenryu.html

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「アメリカン・エキスプレス・リーダーシップ・アカデミー2017」
     〜NPOの次世代リーダー育成プログラム〜  ◆研修生募集中◆
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    社会が抱える様々な課題に取り組むNPOの若手リーダーのためのリーダーシップ研修の参
    加者を募集しています。全国の非営利組織(NPO、公益法人、社会福祉法人等)の若手職
    員(代表理事を除く)が対象です。どうぞ奮ってご応募ください。

    ■日時  :2017年2月23日(木)〜25日(土) 2泊3日
    ■場所  :都市センターホテル ※宿泊も同ホテル
    ■総合監修:米倉誠一郎氏  一橋大学イノベーション研究センター 教授
    ■参加費 :無料(アメリカン・エキスプレス財団からの協賛により)
    ■締切  :2017年1月10日(火)郵送必着
    ■詳細  :http://www.philanthropy.or.jp/amex/2017/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    企業の「社員による寄付プログラムの事例」をHPに掲載中
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    機関誌「フィランソロピー12月号」(377号)の特集テーマ「寄付に託すもの〜寄付
    月間によせて」で実施した、当協会の会員企業および協力企業へのアンケート「社員
    による寄付プログラムの事例」にご回答いただいた、各企業の寄付プログラムの内容
    を当協会HPに掲載させていただきました。
    企業で推進する、社員を主体とした寄付プログラムの目的、登録期間、募金方法や参
    加率、寄付先の選定者、参加率の推移、課題、広報などについてご紹介しています。

    詳細:http://www.philanthropy.or.jp/magazine/377/

    ============= フィランソロピーニュース ===========

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    1.12月2日、休眠預金活用法が成立
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    金融機関の口座で10年以上放置されている「休眠預金」を民間公益活動の財源として
    活用できるようにする「休眠預金活用法」が、2016年12月2日成立しました。
    超党派の議員連盟が取りまとめた議員立法です。
    これまで、10年以上放置された口座の残高が1万円未満であればそのまま金融機関の
    収入に、1万円以上であれば預金者へ通知されますが、通知が届かなかったと判断
    されると同様に金融機関の収入となっていました。
    この法律によって、休眠預金は現行の通知手続きを経たうえで「預金保険機構」へ
    移され、その後「資金分配団体」によって公益活動にたずさわる個別の市民団体
    などへ助成・出資されます。年間約500億円の資金が出ると予測されています。

    <関連記事>
    ・朝日新聞「休眠預金活用法が成立 放置の数百億円、福祉に利用へ」(12月2日付)
            :http://www.asahi.com/articles/ASJCZ6GFGJCZPTIL02W.html
    ・日本経済新聞「社説(12月14日付)」
            :http://www.nikkei.com/article/DGXKZO10630250U6A211C1EA1000/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    2.日本郵船グループ 
    「パネル展 世界とつながって 〜日本郵船の企業市民活動〜」を横浜で開催予定
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    日本郵船グループは、2017年1月7日(土)〜4月16日(日)の期間、横浜にあ
    る日本郵船歴史博物館にて、日本郵船グループが社会貢献の専門部署を立ち上げた
    2004年以降のさまざまな活動をパネルで紹介します。期間中、ボランティア活動体験
    や、田口亜希選手(アテネ・北京・ロンドンパラリンピック射撃日本代表)の講演会
    などの関連イベントも開催します。

    ・イベント詳細:http://www.nyk.com/rekishi/exhibitions/event/panel/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    3.レベルファイブ 
    「ニッポンげんき応援PROJECT〜みんなの妖怪ウォッチ募金〜」を開設 
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    株式会社レベルファイブは、妖怪ウォッチ製作委員会として「ニッポンげんき応援
    PROJECT〜みんなの妖怪ウォッチ募金〜」を開設したと発表しました。寄付金は
    Yahoo!ネット募金を通して集められ、慈善団体を通じて支援を必要としている子ども
    たちに届けられます。

    ・プレスリリース:http://www.level5.co.jp/news/20161213/
    ・Yahoo!ネット募金ページ:https://donation.yahoo.co.jp/detail/5095001/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    4.東京都スポーツ推進企業 平成28年度130社が認定
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    11月30日、東京都オリンピック・パラリンピック準備局は、平成28年度東京都スポーツ
    推進企業130社を発表しました。この中より、特に社会的な影響や波及効果の大きな
    取組をしている企業等10社ほどを「東京都スポーツ推進モデル企業」に選定し、平成
    29年3月に表彰する予定です。

    ・詳細:http://www.sports-tokyo.info/company/

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    5.内閣府「女性が輝く先進企業表彰」平成28年度表彰式を開催 
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「女性が輝く先進企業表彰」は、女性が活躍できる職場環境の整備を推進するため、
    役員・管理職への女性登用に関する方針、取組及び実績並びにそれらの情報開示に
    おいて顕著な功績があった企業を表彰するものです。平成28年度は、内閣総理大臣
    表彰にカルビー株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、内閣府特命担当大臣
    (男女共同参画)表彰に明治安田生命保険相互会社など5社が選ばれました。

    ・詳細:http://www.gender.go.jp/policy/mieruka/company/hyosyo28.html

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    6. 文部科学省「平成28年度 青少年の体験活動推進企業表彰」エントリー企業募集中
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    次世代を担う青少年の「社会を生き抜く力」を育み、未来への飛躍を実現する人材を
    育成するためには、自然や社会生活等の「体験」を積み重ねることが重要といえます。
    文部科学省では、青少年の体験活動を推進することを目的として、平成25年度より
    「青少年の体験活動推進企業表彰」を実施し、企業がCSRや社会貢献活動の一環として
    実施した優れた実践を広く紹介しています。
    現在、エントリー企業を募集しており(12月22日(木)締切)、平成29年3月中旬に
    表彰式が予定されています。

    ・詳細:http:csr-award2017.co.jp

    ============= 各地のイベント(開催日順)===========

    ■1.開催地:栃木県宇都宮市 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    子どもの貧困対策 全国キャラバンin栃木
    主催:公益財団法人あすのば
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    全国47都道府県キャラバンは、各地域の人々と連携し、子どもの貧困対策推進に
    向けてより充実したつながりをつくることを目的とし、2016年度よりスタートした
    3か年プロジェクト。2016年7月に沖縄よりスタートした。

    ・日時   :12月17日(土)第一部10:00〜12:00、第二部13:00〜16:00
    ・会場   :とちぎ青少年センター
    ・参加費  :無料
    ・詳細   :http://www.usnova.org/2016/11/1217in.html

    ■2.開催地:岩手県釜石市 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「新しい東北」交流会in釜石
    主催:復興庁
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    復興庁は、「新しい東北」の実現に向けて、官民連携を一層推進するため、「地域
    コミュニティ活性化」の最新事例の共有、参加者間の交流などをテーマとした交流会
    を実施する。

    ・日時   :12月17日(土)13:00〜 ※一部の企画は11:00または12:00より開始
    ・会場   :釜石情報交流センター
    ・参加費  :無料
    ・詳細   :http://www.newtohoku.org/works_pr

    ■3.開催地:大阪府箕面市 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「なまごえ」発刊記念シンポジウム
    主催:特定非営利活動法人あっとすくーる
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「一人親家庭の生の声を社会に届ける」というコンセプトで特定非営利活動法人
    あっとすくーるが発行する冊子「なまごえ」の第二弾発刊記念シンポジウム。
    冊子には、巻頭企画として法人理事長の渡剛氏と湯浅誠氏の対談、ひとり親家庭で
    育った子どもたちの座談会、ひとり親家庭の保護者へのインタビューなどが掲載
    されている。シンポジウム当日は湯浅氏の基調講演をはじめ、当事者として育った
    あっとすくーるの職員、大学生、子どもによるパネルディスカッションが行なわれる。

    ・日時   :12月18日(日)14:00〜16:00
    ・会場   :らいとぴあ21
    ・参加費  :無料
    ・事前申込み:要
    ・詳細   :https://www.facebook.com/events/155826458225549/

    ■4.開催地:東京都文京区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    第3回日本フォスターケア研究会
    主催:日本フォスターケア研究会(JaFCA)
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    社会的養護における家庭養護・家庭的養護に関する調査研究を行ない、関係者が一堂
    に会し研究討議することにより、フォスターケアの充実発展に寄与することを目的
    とする。奥山眞紀子氏(国立成育医療研究センター副院長 こころの診療部長)
    による基調講演「これからの家庭養育のあり方について」のほか、「つまずきを
    通して学び続ける里親養育について」と題したシンポジウムを開催。

    ・日時   :12月18日(日)10:00〜17:00
    ・会場   :日本女子大学目白キャンパス 香雪館
    ・参加費  :会員 無料、非会員3,000円、学生2,000円
    ・詳細   :http://khs.nyuzin-himawari.com/dai3kaijafcataikai.pdf

    ■5.開催地:東京都新宿区━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ソーシャル・ジャスティス基金(SJF) 助成発表フォーラム第5回
    主催:ソーシャル・ジャスティス基金
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    本助成は、今まで声をあげることができなかったこと、声をあげても聴いてもらえなかっ
    たこと、これまでの政策・制度では見過ごされがちだった社会的課題への取り組みを
    支援し、多様な人々の関係が公正となる社会を目指している。
    「公益財団法人子ども情報研究センター」「特定非営利活動法人わかもののまち静岡」
    「特定非営利活動法人メコン・ウォッチ」の3つの新たな助成先より活動の話を聞き、
    対話交流を通じて新たに気づき合い、活動する力を引き出し合えるような場をつくる。

    ・日時 :2017年1月13日(金)18:30〜21:00
    ・会場 :新宿区四谷地域センター 11階 集会室2+3
    ・参加費:無料
    ・詳細 :http://socialjustice.jp/p/20170113/

    ■6.開催地:大阪市中央区・東京都江東区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    障害者自立支援機器「シーズ・ニーズマッチング交流会2016」
    主催:公益財団法人テクノエイド協会
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    障害者当事者のニーズをより的確に捉えた支援機器開発の機会として、作る人(開発者
    や研究者)と使う人(障害者当事者やご家族)が集まり、より良い支援機器の開発を
    促進するための交流会。製品化または改良を目的とした支援機器が多数出展。

    【大阪開催】
    ・日時:2017年1月19日(木)10:00〜16:00
    ・会場:大阪マーチャンダイズマート

    【東京開催】
    ・日時:2017年2月3日(金)10:00〜16:00
    ・会場:TOC有明コンベンションホール

    【両会場共通】
    ・入場料:無料
    ・詳細 :http://www.techno-aids.or.jp/needsmatch/index.shtml

    ■7.開催地:仙台市青葉区 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    シンポジウム「復興の先を見据えた地域づくり〜住民の主体性を考えた復興支援のあ
    り方〜」
    主催:特定非営利活動法人 日本NPOセンター、特定非営利活動法人 @リアスNPOサポー
    トセンター、特定非営利活動法人 陸前たがだ八起プロジェクト、特定非営利活動法人
    ウィメンズアイ
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    このシンポジウムは、「Johnson & Johnson 東北被災地での市民・コミュニティの
    エンパワメントプログラム」の一環として行われる。復興に限らず、あらゆる場所の、
    あらゆる地域課題に今後向き合っていくうえで、「住民の主体性」の大切さとは何かを
    伝える。

    ・日時 :2017年1月20日(金) 13:30〜16:30(終了後、交流会あり)
    ・会場 :TKPガーデンシティ仙台 ホール21A
    ・参加費:無料
    ・定員 :50名(先着)
    ・詳細 :http://www.jnpoc.ne.jp/?p=12265

    ============================================================================
    ◆バックナンバーはこちらから◆
    https://g.blayn.jp/bm/p/bn/list.php?i=philanthropy&no=all
    ============================================================================
    配信中止・アドレス変更は、こちらからお願いいたします。
    https://g.blayn.jp/sm/p/f/tf.php?id=philanthropy
    ============================================================================
    公益社団法人 日本フィランソロピー協会
    〒100-0004東京都千代田区大手町2-2-1新大手町ビル244区
    TEL: 03-5205-7580 FAX: 03-5205-7585
    URL: http://www.philanthropy.or.jp
    ============================================================================